物販サイトの作り方と商品の選び方

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

初心者向けに物販アフィリエイトサイトの作り方を2種類紹介したいと思います。

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

楽天やアマゾン,A8やヤフオクなどの多くの商品は購入すれば確実に家に届く物販商品であり、それゆえ、ちょっとぐらいサイトの作り方が雑でも、今までの購入経験から買ってくれるお客様も多いですよね?

 

そこで今回は物販商品をメインで扱うサイトの作り方や方向性,商品の決め方やジャンルの決定のポイントなどを中心に解説したいと思います。

 

さて、あなたはどちらのパターンに向いているのでしょうか?

 


初心者でも稼ぎやすい王道物販アフィリエイトは新着商品特化のレビュー記事です

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

一番初心者でも成果が出やすい物販商品サイトは新着商品。つまりまだ世の中に出回っていない商品に特化したレビュー(口コミ)記事です。

 

なぜかと言うと新しい商品なのでまだ買っている人が少なく、凄腕のアフィリエイターも、その商品の市場価値がどれくらいのものか分からないので手を出していないという事が多いです。

 

次々と生まれる美容関連商品などは典型ですが、本当に他の商品と差があるのか?
使ってみたらどんな使用感だったのか?
効果は感じられたのか?買わなきゃよかったのか?

 

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

 

そんなことを正直に書いたサイトは好感をもたれ購入されやすいです。
その際初心者向けにお勧めするのは一商品だけを一つのブログやHPで紹介し続けるレビューブログです。

 

例えばTVで有名な育毛剤「リアップ」とか、芸能人が紹介している「スカルプD」などですが、これを徹底的に紹介して行く。
この二つの商品はすでに有名になってしまっているので競合が激しすぎる。

 

だからASPの新着商品。新聞のプレリリース商品などチェックして実際に使った感想を書くわけです。

 

どこの誰でどんな人が、どれくらいの期間使ったら、どんな効果があったのか?
その際考えたことなどを中心に記事を書くわけです。

 

私の場合はワインが好きなので、銘柄や産地名などに特化して、1商品だけを紹介しても良い。

 

例) 

 

2014年ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォヴィエイユ・ヴィーニュ試飲の感想

 

・・・・このブログで30記事位(アメブロ)

 

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォ ヴィエイユ・ヴィーニュの口コミ

 

・・・このブログで30記事(アメブロ)

 

 

と言うように複数のブログで作っていく。大きな写真や動画をつけておけばニッチなものはどんどん
売れて行きますよ?一つをアメブロで作ったら、次はFc2というようにバラバラに作った方が良いです。

 

これを「ボージョレヌーボーの口コミサイト」にして

 

いろんな年のボージョレ、赤や白を紹介した方がネタが尽きないしボリュームも増えて稼げるのでは?
と思うかもしれませんが、こうやって市場の幅を一商品から一ジャンルに変えれば変えるほど競合が大きくなるのでサイト作成が難しくなりますよ?

 

そして必ず大手のECショップと勝負することになる。
資本が違ってまず勝てない。

 

市場規模が小さい=商品名
市場規模が大きい=ジャンル名

 

となるわけですが、これは競合がどれくらいいるか?
テクニックがどれくらいあるのか?

 

それで決定すべきです。そのためにはキーワードツールは必須です。

 

 

私のオススメでは、売り上げ単価が1000円位あった方がやる気が出ると思いますので、それを探して中心に紹介するわけですが、競合を避けて売り上げ単価が100円位のものを徹底的に1位にしておいて、それをいくつも作るというのも稼ぎやすいです。

 

ただ、ここには欠点があって、ボージョレの2014年が売り切れてしまうとその後はぴたりと売り上げが止る(>_<)
同じようにASPの広告主側が商品を扱わなくなると、売り上げがゼロになる危険性が潜んでいます。

 

だから、トップアフィリエイターは抽象語で汎用性が高いジャンルで勝負をするわけです。


参入ジャンルや悩みを決めてから商品を選ぶパターンもある

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

先ほど説明したのは物販商品を軸にサイトを作る方法ですが、こんどは逆に市場を決定してからそこに商品を当てはめて紹介するサイトを作る方法もあります。

 

例えばエステというジャンルですね。

 

これを商品(サービス)と捉えると有名どころは「エルセーヌ」「ミュゼ」などがありますよね?

 

 

でも「エルセーヌの口コミ」などというサイトは競合がひしめき合うわけですから更新もしょっちゅうしないとダメだし、実際に何度か足を運んだりして逆にお金がかかってしまう(笑)

 

だから別のアプローチを考える必要がある。

 

それが目的に絞ってサイトを作る方法です。

 

商品名ではなくて悩みや解決したい目的を中心に据えてまずはサイトを作っていき、そこにあった物販商品を紹介するのです。

 

例えばエステの目的は脱毛、ダイエット,美肌などさまざまだと思いますが、「脱毛」だけをとっても、部位別にジャンルが広がっている。

 

例えば「すね毛の脱毛エステの口コミ」というサイトは既に競合があると思いますが「鼻毛脱毛の口コミサイト」はジャンルが絞られる分競合が少ないわけです。

 

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

良く考えていただきたいのですが、例えば皆さんが太い鼻毛に悩む女子高生だとして、意を決してミュゼやエルセーヌに行ったとしましょう!!

 

そこで受付で「ウチではあいにく鼻毛の脱毛はやっておりません・・・」って言われたら、
例え周りに聞こえなくても、相手がプロの受付でも・・・

 

死ぬほど恥ずかしくないですか??(笑)

 

だから、こうやって密かにスマホで調べるのです「鼻毛脱毛/女子高生/東京」とか「ミュゼ/鼻毛脱毛/感想」

 

このように使用の目的や悩み別に体験談やサービスの詳細を書いて置いて、後からそこに合わせた物販商品を紹介するという手法もあります

 

この場合最大のメリットはいつでも最後に紹介する商品名を変えられること
キャンペーンなどが終わったら即座に別の商品に変えてしまえばリンク切れでチャンスを失うことはありません。

 

ただ、訪問者はまだ商品を買うかどうか決めていないので、購入率がそれほど高くない
その場で決定できるような説得力のある魅力的な記事を書くことが必要になるわけです。


特定の物販ジャンルを独占すれば莫大な利益が、ただしリスクは覚悟しよう!

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

皆さんはコンビニの隣に同じコンビニが並んでいるのを見かけたことはありませんか?セブンイレブンの100メートル先に同じセブンイレブンが並んでいる・・・。

 

一つに統合した方が土地代もかからないし売り上げが伸びそうですよね?

 

でも敢えて作っているのはきちんとした戦略です。これをドミナント(占領)戦略というのですが、セブンイレブンの隣を開けておいて、競合のローソンを作られるくらいなら、多少土地代がかかっても良いので、その土地を奪って参入余地をなくす

 

自動販売機,駐車場などいたるところにみられますが、物販アフィリエイトもおなじで、もし皆さんが軸とする商品やサービスで検索結果の1位から10位までを独占してしまえば、そのジャンルはみなさんのもの。

 

莫大な利益が流れ込みます
アフィリエイトに独占禁止法は適用されないので、全てのサイト=土地を奪ってしまえば、お店はオーナーのいう事を聞かざるを得なくなる。

 

嫌ならこのアパートを出ていけ!って言えるわけですね(>_<)

 

誰でも分かる話です。

 

でも、今度はそうなると特定のキーワードを独占してしまおうというアフィリエイターが多く表れ、そしてASPで利率や報酬率の高い商品を優先的に扱ってしまう。ということが起きてしまう。

 

すると例えばエステの口コミサイトで常に上位に表示されるのがASPの報酬がエステサイトのみになり、
個人商店で一生懸命頑張っているところはどのアフィリエイターも紹介しないので、ネット上には存在しないことになる。

 

広告費がある=必ずサービスが良い

 

と言う図式は必ずしも正しくない。でもこれをこれを過度に助長してしまう面が
アフィリエイトにあるわけです。

 

非常に市場がゆがめられていると思いませんか?

 

力を持つものが勝つ資本主義だから当たり前!
と言えばそれまでなんですが、ネットの住民は何と言っても自由と平等が好き

 

そしてグーグルと言う会社も「無料で良い情報を流すことによって価値を生む」「情報は独占から解放へ!」というミッション(使命)を持っているものですから、こうやってアフィリエイトばかりのサイトが検索エンジンを独占している今の状況を喜ばしいとは思えないわけです。(ま、検索エンジンはgoogle様が独占と排除をしているんですけどね・・・・。)

 

 

とにかく、検索結果の1位に表示すべきサイトにある程度の公正さみたいなものを求めることになる
この意図を組まないで市場を独占しようとすると、ペナルティーを課すようにプログラムを組んでいます。


物販サイト作成で大切なのは集中と分散のバランスです♪

物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

ということでここまで商品名を中心に考えて物販サイトを作っていく方法と悩みや目的を中心に据えてサイトを作る方法をお伝えしましたが、どちらを選んでもビジネスのでリスクはつきものです。

 

ただ、資金的になリスクはアフィリエイトにはほとんどないですけど、どれが正解というのはない。他にもやり方は様々あるのは他のページで詳細に説目をしています。

 

ただ、一度考えていただきたいのは集中と分散という考え方です。

 

・商品に集中すれば稼ぎやすいが期間が短い
・一ジャンルに集中すれば独占できるがペナルティーの危険性もある
・集客を検索エンジンだけに頼っているとペナルティー回避が出来ない

 

というわけでバランスよく考えていく必要がある。
この辺の全てを一度にお話しするのは不可能なので私は個別の講義に
仕立て上げたというわけです。

 

時間はかかりますが、丁寧に勉強すれば参入ジャンルは無限大!学歴もコネも、生まれも育ちも関係なく、実力勝負で稼げるのが物販アフィリエイトの醍醐味だと思います。

 

リスクはしょせん時間だけ。セールス,デザイン,マーケティングその間さまざまなスキルが身につきますし、やっても損はないと思いますよ?

 

アフィリエイトはアフィリエイトに留まらない

 

これが一番強調したいところですね♪

 

アフィリエイトランキントップを比較しましょう!

いろんな人から新しいアフィリエイト技術を吸収すべし!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!


もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪


物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

アフィリエイトに関する質問はコチラで受け付けています

メルマガで真面目に教えています!稼げるサイトを2週間で作ろう!


物販サイト,作り方,商品,市場,ジャンル

物販サイトの作り方と手順の王道パターンを二つ紹介関連ページ

ゼロから学ぶサイトアフィリエイト
ホームページを使って稼ぐサイトアフィイエイトの順番を丁寧に解説。初心者がつまずきやすい注意点ややりがちなミスについて学びましょう
比較サイトと体験談レビューサイトの作り方と使い分け
はじめてアフィリエイトを始めるなら、商品の体験談レビューがいいとか比較サイトが良いとASPは言うけれど本音はどっち?稼げるサイトの作り方とは?
比較アフィリエイトサイトの作成手順や構成とコツについて
物販アフィリエイトで比較サイトを作りたいけれど、実際に何を基準に作れば良いのか?売れやすいサイトの作成方法が分からない。見本を見せてほしいという欲求があったので紹介!
物販アフィリエイトサイトの記事の書き方のコツを解説!
A8,アクセストレード,楽天,アマゾン,アフィリエイトBやバリューコマースなどの物販商品をどうやってアフィリエイトブログで記事にしていけば良いのか?正しい書き方とコツを初心者向けに分かりやすく解説します!
ミニサイトの具体的な作り方!集客から収益化の流れ
今回は久しぶりにミニサイトを作って儲ける方法という副業本を購入。で読んだわけですが、これがちょっと難しい。では私なりに、ミニサイトの具体的な作り方と集客法。収益化までの流れを具体的に解説しようかな?
このページの先頭へ戻る

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページへ アフィリエイト講義一覧 厳選集客ツール 厳選教材とツール 目次