ツイッターのアカウント停止や凍結を避ける方法

アフィリエイト,ツイッター,凍結,アカウント停止,

一度凍結されると簡単には解除できない!アカウント停止を避ける工夫とは?

アフィリエイト,ツイッター,凍結,アカウント停止,

ブログアフィリエイトとツイッターを組み合わせると何倍もの効果で稼げるようになるということで、ツイッターアフィリエイトに力を入れているようですが・・・?

 

ちょっと待った!アメブロの迷惑メッセージや読者登録,ペタなどと同じようにツイッターだってお金稼ぎ第一でやろうとするとあっという間にアカウントが停止してしまいます。

 

せっかくついたナチュラルなフォロワーさんとも全員とさよなら(泣)ゼロからアカウントを作り直さなければなりません。そこで今回は凍結を避けるための最低限の工夫と知っておいてほしい条件などに付いて、もう一度まとめておきたいと思います。

 

一斉凍結なんてシャレになりませんよね?資産は賢く守ってくださいね。


一斉凍結・アカウント停止されないための3つの大原則とは?

もちろん、一方的な連続フォローは論外として、以下のことが当てはまる様ならばすぐに訂正しましょう。ちょっとフォロワーが増えてきた際に調子に乗ってやってしまいがちなので注意ですね。

 

 

① DMを自動で送らない
② 楽天やアマゾンのアフィリリンクを頻繁につぶやかない
③ 同じようなプロフィールとつぶやき集をBOT化しない(BOTと名乗らない)

 

最近の一斉凍結の主な原因が③にあると思われます。②のアマゾンリンクを別のアカウントからRTというテクは徐々に廃れていると思いますが、③に関しては手抜き感が多いです。

 

プロフィールが毎回「面白系」「笑えた画像」「有名人の名言まとめ」なんかだと、もうすでに市場は飽和しているし、大体どこからかのパクリという事がバレてツイッター側に連絡が行きます。

 

最低でもリライト。さらに自分だけの感想をつけておくと良いでしょう。

 

ツイッターの極意とは一瞬で揺れ動く感情を拡散することにあるのではないか?と思っています。

 

みなさんのつぶやきには「感情」が入ってますか??

 

 

 

RTやお気に入りに登録してもらうためには自分から先に突っ込むべき!

凍結やアカウント停止をさけるためにはリツート(RT)、お気に入りの登録(ふぁぼ)が必要ってことは知ってますよね?

 

でも、そのためには自分から先にRTやお気に入り登録をしなければだめなんですよ!!

 

めんどくさがって、全部を自動化するから凍結されてしまう。この一言ですね。

 

確かにここで紹介したツールを使えば80%ぐらいまでアカウント停止を回避できると思うし、次回はIP分散にまでプログラマーが取り組んでいるらしいですが、人に興味を持ってもらうためには「自分から話しかける」ことが大原則です。

 

本当に本当に日本人はコレが苦手でして・・・。欧米人のように気軽に「ハロー」って言えないんですよ(笑)
実はこれが出来るだけで、圧倒的に他人と差がつくんですけどね(笑)

 

まずはツイッターのアカウントを作ったら、フォロワーを増やそうと躍起になるのではなくて、お気に入りのつぶやきに関して、自分で感想を述べてみてください

 

ボケよりも突込みが先なのです。大丈夫ですまず日本人は怒りません!!ネットではちょっと怖くても、個人で話せばこんなにお人よしの民族はいないと思ってます。10人ぐらいでいいのでまずは話しかけてみましょう。

 

他人のツイートに突っ込んでみてください。

 

自分からのフォローをやめてナチュラルフォロワーで凍結回避をする方法も有効!

アフィリエイト,ツイッター,凍結,アカウント停止,

すでにRTが起きていたり、お気に入り登録が起きている方はいっそのこと一時期自分からフォローをすのをやめて、自然にフォロワーを増やして行くというのもありです。これは有効ですね。

 

で、自分からやるのは他人への突込みのみ。つまりRTだけに走る。自分で作った別アカウントを自分でRTしてばかりいると自作自演ということがバレますし、他県にお住いの方のアカウントに突っ込むと非常に自然アカウントが使われているとツイッターも判断するのでは??

 

英語が使えれば世界の人とコミュニケーションが取れますし、国内だけを視野に入れず海外も含めて呟いていく(RTしてく)なんていうのはこれからは有効ですね。

 

おもしろ画像だって日本人じゃなくて外国人に見せたら大喜びして大量RTしてくれるかもしれませんよ?

 

日本人なら話しかけづらくてもスウェーデン人とかブラジル人とか遠くの人と話すのなら良いのでは?

 

 

 


少々お金をかけても良いので凍結されないツールの使い方を紹介。

ここまで書くとツイッターアフィリエイトで稼ぐ事と矛盾してしまいそうなので最後にちょっとしたコツについてまとめましょう。私のアカウントはどれも停止されてません。

 

アフィリエイト,ツイッター,凍結,アカウント停止,

 

しかもこのブログは10記事程度しか書いてないのにかなりのビックキーワードで一位表示。その結果ツール代金は全て回収できました(>_<)

 

① フォローマティックXのみを使いYではつぶやき集を作るのみ
   つぶやきにはメイクボットを利用してオリジナル性を含ませる

 

② ツイッターブレインで人気のつぶやきを編集して①のアカウントに入れる

 

③ IP分散のためにリモートディスクトップを使う(2台)

 

この3点です。先ほど述べたような最低限の条件を守りつつ、投資です。予算は年間5万ぐらいかけました。既にお持ちの方はチャレンジしてみてください。

 

最後に一言。独自ドメインでも、ツイッターアカウントもそうなんですが、ビジネスは年間コストを計算した方が良いです。

 

5万は高いように見えても事業・起業レベルで考えれば、そこまでのコストではないです。

 

 

1ドメインの維持費は年間1000円。そのドメインが一年で1000円以上稼げればプラスです。

 

フォローマティックは10アカウント、ツイッターブレイン20位が推奨(共に無制限になる可能性あり)つまり一アカウントで2000円の年間コスト。

 

一つのアカウントが年間で2000円稼いでくれれば(2000円分の集客機能があれば)十分元が取れます。

 

アフィリエイト,ツイッター,凍結,アカウント停止,

 

・・・翼を手にしても羽ばたけるかどうか?はあなた次第。集客ツールは天国にも地獄にも行けるので良く考えて使いましょう♪

もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪


アフィリエイト,ツイッター,凍結,アカウント停止,

アフィリエイトに関する質問はコチラで受け付けています

メルマガで真面目に教えています!稼げるサイトを2週間で作ろう!


アフィリエイト,ツイッター,凍結,アカウント停止,

ツイッターで凍結・アカウント停止されないように!関連ページ

初心者がツイッターで稼ぐ方法とは?
どうしてもブログやHPを書くのには文章力が必要です。でもつぶやきだけのツイッターでも稼ぐコツはありますよ
フォロワーが増えやすいアカウントとは?
フェイスブックと並びツイッターアフィリエイトが流行していますね!でもちょっと待ってください!メルマガ誘導,ブログ誘導する前に、忘れていることありませんか?
フォロワー増加と拡散に役立つサイト
フォロワーの数を増やすのはリツイートがカギです!ここでは効果的に自分のツイートを拡散させる方法とオススメサイトを紹介します!
ツイッターで拡散的に人を集めるには?
ツイッターもうまく使えば拡散と集客を利用して人をブログに集めて、アフィリエイトで稼ぐ事が出来ますよ?大切なのはキャラクター設定です。ちゃんとできてますか?
ツイッターbotとオプトインで稼ぐ
ツイッターのbotを作り、さらにオプトインアフィリエイトを仕掛ければ少額ですが稼ぐ事は可能です。顧客のニーズを考えて、計画的に作成しましょう
初心者向きのツイッター自動ボットの作り方と設定
ど素人の初心者でも分かるようにツイッターの自動つぶやきbotの作り方を説明します。もちろん無料で(笑)画像も付けて呟けばインパクトは2倍です。makebotの設定の順番が分からない人は必見ですね。
manageflitterの使い方とアンフォローのやり方
ツイッターのフォロワーを増やすため自分のフォロワーのバランス保つことが必要です。manageflitterを使ったアンフォローのやり方と凍結回避の方法を説明します!
フォローマティックXYをリモートPCで運営したら凄いことに・・・。
最高峰のツイッターの自動フォローツールであるフォローマティックXYが発売されたので、リモートディスクトップを使って24時間稼働させることにしたら?恐ろしい集客効果があったので紹介します!!
簡単にできるツイッターボットの作り方easybotter編
簡単に作れる自動つぶやきbotの方法第二弾として今回はeasybotterの利用法を図解します。オリジナルのつぶやきを作って是非集客やコミュニケーションに役立てて下さいね!
つぶやきだけじゃ稼げない!集客とセールスを学ぼう
どんなに自動でフォロワーが増えても、アフィリリンクを偽装しても、つぶやきだけじゃあまり稼げない!集客とセールを考えてくださいね!
このページの先頭へ戻る

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページへ アフィリエイト講義一覧 厳選集客ツール 厳選教材とツール 目次