アドセンスで着実に月に1万をかせぐための記事の書き方と構成について

今回はグーグルアドセンスで月に1万をまずは着実に稼ごうよ?ってことで記事の書き方及びサイト全体の構成についてどうやっているのか?書こうと思います。とは言え自分の実績として、アドセンスだけは月に10万ぐらです。

 

やっぱり物販ASPの方が報酬が高いから!ただ、この物販に移行する前にアドセンスで稼いでモチベ―ションを維持するというのもアリだと思います。

 

戦略的には3つあります。

 

 

  1. PVを稼ぐトレンド記事を作り高単価クリックの記事に誘導する
  2. ライバルの少ないキーワードを固め打ちし、着実な資産型のサイトにする
  3. とにかく物量雑記で外注記事も混ぜて大量に記事を増やしていく

 

 

グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

 

それぞれ書き方が違うと思うで、例を挙げながら考えてみましょう。

アドセンスの記事であってもボリュームと広告は意識した方が良い

アドセンスの記事を書くにしても収益化を考えるのであれば、「アドセンス広告出す」広告主がいることが大前提です。

 

これは広告主側に立てば分かりますね・・。
赤字を垂れ流し続けて広告を好んで出すという人はいないです。

 

 

広告を出す側はクリックしてもらって最終的には商品を購入してもらえることを期待していることを念頭においてください。

 

 

【 広告主がアドセンス広告を出す目的 】

 

 

① 広く浅く自分のサービスや商品名を知ってもらいたい
② 広告を出して着実に集客し商品を買ってもらいたい
③ 短期的に認知を広めたい・売れるかどうかプロトタイプを実験してみたい

 

こんな時にお金を払っても良いから・・広告を出そう!!という気持ちになります。

 

そこで広告主はどういう手順でアドセンス広告を作るのか?ってところから逆算しないと「なぜアドセンスで稼げるのか?」という理由が分からないまま突き進むことになってしまいます。

 

なかなか初心者のアフィリエイターさんやブロガーさんで「広告を出す側」に回る経験は少ないと思うので解説しますね!

 

 

広告主はキーワードプランナーを使って誰にどんな広告を出すのかを決める

 

まず、広告主がアドセンス広告を作って出すときには「1クリック当たりどれくらいお金を払えば結果が出るのか?」を計算します。

 

1分間に数千万円もかかるTVCM枠と違い、基本的に興味関心度の高い人に向けてアドセンス広告を出すことができます。

 

  1. ジャンルを指定して広告を出す
  2. キーワードを指定して広告を出す

 

例えば「アフィリエイト」というジャンルを指定して全体的に新サービスを広めるパターンがあります。
ただ、これは予算がかかるうえによほど差別化が出来た新商品でない限りはすぐには購入に至りません。

 

すでにブランドがある会社が多く使います。

 

 

月に1万稼ぐアドセンス記事の書き方と構成手順を公開します。

 

みなさんだってディズニーランドが広告を出して「新しい館ができたよ!?」って言われたらあまり考えずにクリックすると思うんです。

 

「今なら近くのイオンやユニクロのバーゲンやってるよ?」っていうのもそうだと思います。

 

身近に確実にあり知られているものならば予算を思いっきり使える会社もありますが・・・・。そうじゃない会社が月に数十万~を使ってちょっと広告を出せるのがネットの良いところです。

 

 

基本はより少ない予算で興味関心度の高い人だけに広告を出したいので、「検索キーワード」を指定して広告を決めます。

 

ではそれにしたがって広告単価をみてみましょう。

 

① ラッコツールズでアドセンスと調べる

 

 

グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

 

② キーワードプランナーに全部のキーワードを入れる

 

グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

 

グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

 

すると検索ボリュームと1クリックの時の広告出稿単価が分かります。

 

グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

 

アドセンス初心者は競合性低でクリック報酬があるものを中心に書いていくというのが基本になりますが・・・。ただ気を付けて欲しいのは検索ボリュームです。

 

検索が10~100回となっているってことは、月に2回~最大でも30回しか検索されないということです。

 

基本的に自分のブログ内に出た広告がクリックされる確率は1/100です。

 

となると、このキーワードで例え検索1位をとっても3クリックしか収益が見込めないということになります・・・・。

 

ここからアドセンスブログはとにかくPVが重要で記事数も必要っていう考え方が出てきます!

 

 

え・・・ただでさえ1位を取ったことなんかないのに、それを量産するなんて無理・・・。ってことで意外とアドセンスも挫折者が多いんですよ?

 

 

しかし、このボリュームの少なさをカバーできるのが「トレンド」というジャンルです。

 

これがその月にめちゃくちゃ検索される新しい言葉を中心に記事を書き、ついでに関連ページでアドセンス報酬の高い広告をクリックしてもらうってことです。

 

 

例えば2021年のMー1グランプリで「錦鯉」が優勝したのでこれから一気に検索キーワードが増えますよね?

 

現在のグーグルも「錦鯉」と調べると「お魚の記事ははるか後方に押しやられ・・・芸能人の名前を優先的に表示させるようになってます。

 

グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

 

となると、ココに絡めた広告単価は跳ね上がるしまだ情報が少ないのでチャンスだということです。

 

以上の条件を踏まえるとアドセンス記事では2パターンの書き方があると思いませんか?

アドセンスブログの記事の書き方と見出しは2パターン

ではここまでの結論を踏まえて2つの書き方が見えてきます。

  1. 広告主が確実に広告を出すキーワードにしたがって検索意図(しりたいこと)にあった記事を丁寧に書く
  2. トレンドに合わせて今すぐ知りたいことでアクセスを集め、広告が出やすい別記事へと誘導する

 

両方が合わさっていれば、ベストなのですが・・・。

 

 

後数か月後に「錦鯉」という検索順位が元に戻って「お魚のコイ」が上位表示されるようになっては手遅れですよね?

 

 

だから戦略を決めてください。多分これ環境によって違います。

 

  • ゆっくり着実に育てる・・・週末ブロガーや社会人向き
  • スピード勝負を繰り返して駆け抜ける・・日中時間がある学生や主婦向き

 

 

着実に1万を狙うなら悩みにあわせて解決方法を丁寧に書く

 

アドセンスで、着実に月に1万円ぐらいを狙いたいのであれば、悩みにあわせてそれを解決する方法で書きます。

 

専門的に言うと「doクエリ」という奴で・・「○○の方法」のようなハウツー記事がメインになります。
今回の記事もそうですね。

 

  1. 本日の結論と理由(リード文)
  2. 解決法+証拠(事例)
  3. 解決法2+証拠(事例)
  4. 解決法3+証拠(事例)

 

これで書けばうまくいますよ?きちんとしたクリック報酬を狙います。

 

 

関連:100万売れる記事の書き方とテンプレート

 

 

素早く1万か稼ぐなら1記事のキーワードに情報を入れ込んで大量に投下する

 

とにかく早く稼ぐということであればグーグルトレンドです。

 

 

これは正直クリックではなくPV(インプレッション報酬)で稼ぎます。みなさんはアドセンス1円報酬を経験していると思いますが、これはブログにアドセンスが1000回表示されたら1円もらえるよ?っていうやつです。

 

1万回の表示で10円、10万回で100円・・・って感じです。

 

 

グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

 

 

「錦鯉+○○」で過去の同じようなM-1の検索キーワードから予想して記事をかきまくります。

 

既にM-1が始まる前から多くのトレンドアフィリエイターは「優勝予測記事」を書いておき、当日はテレビをつけっぱなしにして実況で記事を更新。

 

さらにTwitterで拡散ということをしていると思います。慣れればすぐに発見できるはずです。

 

関連:トレンドキーワードとズラシのテクニック

 

 

どちらの書き方が向いているか?は性格に寄ります

 

さらに物販まで考えると報酬はうなぎのぼり。

 

 

 

  • 錦鯉の過去のDVDはどこで見れるのか?・・・Amazon(転売ヤーも多い)
  • 過去のライブ配信・これから始ま番組が見れるが場所は?・・・VOD案件(アメーバTVはアフィリあります)
  • 錦鯉の出身地ってどこなんだろう?札幌の地元の食が食べたい・・・お取り寄せグルメ

 

さらに、美容の広告に抜擢されて新商品を出すとなれば大手スポンサーが広告費をめちゃくちゃ使いますので・・・そこにあわせて下調べしておくなんてことも重要です。

 

肖像権にだけ気を付けてやれば、本当に数週間で1万突破は難しくないはずです。
ただし、スピードとキーワードにあわせたトレンドについていくセンスが必要。

 

今回はM-1を例に出しましたが・・・・全く見ない人もいるでしょうし、自分のジャンルにあったトレンドを常にチェックしておきましょう!

 

 

関連:最新のネタを自動で集める方法

 

・・・プログラミングちょこっと分かるととネタ集め→編集まで全て自動になります。

 

実はすでに海外の新聞社などはもうやってます。

 

 

・・それにしても錦鯉さんを見ているとあきらめずに頑張って続けたというストーリに涙が出ますね!

 

50代ちかくまで売れずに極貧で粘るって・・・やっぱりお笑いが捨てきれないほど好きだったんだと思いますよ。

 

 

Googleアドセンスならば例えASP広告がなくても、自分の趣味をちょっとした戦略をかけ合わせて月に1万なら楽しいんじゃないかと思います。
というわけで、おじさんもおばさんも苦しい時を笑に変えてまだまだ頑張れるはず。

 

 

好きなことがあったらアドセンスブログをつくってみましょう!

 

 

関連:アドセンスマネタイズの教科書のレビューと要約

 

 


グーグルアドセンス,稼ぐ,方法

2022最新:長期安定資産型ブログ作成総合講座はコチラ

TOPへ