⇒7日間アフィリエイトブログ作成無料講座

A8ネットで売れる商品とおすすめ案件の具体的な探し方

私の一押しASPの一つであるA8ネットですが、初心者の方は広告をいろいろ見ていてもなかなか売れる商品が見つけられないという人へ!

実際にブラックレベルになるとEPCといって、どれくらいの割合で商品が売れるのかが丸わかりになるのですが、そうならない間はちょっと売れているのを探すのはつらいですよね?

そこで今回はA8ネットで売りやすい商品について私なりの探し方紹介したいと思います。

目次

A8ネットで売れる商品の探し方を順番に解説します。

では具体的にA8ネットで売れる商品をどう探すのか?

ここだけは最低限チェックしておこうということをまとめておきます。Amazonや楽天と違い商品名を知らない人もいるなかで素人が作ったページから購入してもらうためには売りやすいものを売るというのが鉄則です。

まずはA8の類似商品の中で確定率の高いもの選ぶ

A8ネットで売れる商品とおすすめ案件の具体的な探し方


基本中の基本なのですが、まず、自分が売りたいと思うジャンルの商品の中から類似商品をいくつか探します。それぞれの広告の中を比較して直感で決めるのも良いのですが(笑)やはり数字を見て確定率の高い商品を選んだ方が売りやすいです。

いくらクリックされても購入されても承認されないと意味がないんですよね・・。

まずは広告を一つ選んだら広告リンクを作成して、全ての広告を一覧で見てください。

A8ネットで売れる商品とおすすめ案件の具体的な探し方

そうするとバナーリンクとテキストリンクが表示されますと思いますが、その中から2%以上のクリック率がある商品を探します。

A8ネットで売れる商品とおすすめ案件の具体的な探し方

自分はここに1つも5%以上がない商品は見送ります。

個人的にはバナーよりもテキストリンクの方がクリック率が高いと思います。

ちなみに、クリック率が2%以上ある広告のなかで、0%のものもあると思うのですが、これは新しく作られたばかりの広告である場合と、本当に売れない広告の場合があるので注意が必要です。

新規広告の場合は意外と目新しい方がねらい目だったりもしますので・・・

広告のバリエーションが豊富でとPR文が丁寧なところが売れやすい

A8ネットで売れる商品とおすすめ案件の具体的な探し方

もしみなさんが広告主で、しっかりとアフィリエイターに商品を売って欲しければ、どんな訴求をしてほしいのか?どういうキーワードで集客すれば売れると思って開発したのか?

その思いをしっかり書くはずですよね?

まじめでやる気のある広告主はまずPR文がしっかりしています。誰だってブランド価値が高いサイトで商品を扱って欲しいのです。

同時に同時に広告の種類やサイズが豊富というのもネットで売りやすい商品の基準ですよ?
人によって反応する言葉や画像は違いますので、ABテストを沢山している広告主を選びましょう。

訴求をコロコロ変える広告は扱いがめんどくさいこともある

ただ、ABテストを素早く繰り返す案件は管理が非常にめんどくさい場合もあります。

  • 今まで使えていたCM用芸能人名がNGになる
  • 訴求方向を突然変えて使えるキーワードがNGになる
  • バナーやリンクが変わりリンク切れが起こりやすい
  • 値段をころころ変えてそのたびにサイトの訂正が必要になる

「もう・・やめてよ?」って思うのですがそういう広告主もいるんです。

アマゾンや楽天で扱っていないA8の商品は穴場で売れやすい可能性もある!

広告主によっては、販売ページをアマゾンにも楽天にも出しているところがあるのですが、実際に商品名で記事を書いてしまうと、楽天やアマゾンが上位に入り込んでしまってなかなか集客できません。

反対にアフィリエイトのみの販売で売り上げを立てている広告を探せると初心者にもチャンスがあります。

「商品名」+「アマゾン」/「楽天」などとつけて調べた際、グーグルにヒットしないものも、売れやすいってことですね!

商品の販売ページに雑誌名や芸能人名があると売りやすい

A8ネットで売れる商品とおすすめ案件の具体的な探し方

始めてみた商品の記憶が人物と一緒になることもありますよね?

すでに知名度の高い雑誌や、芸能人であれば、商品と一緒に人物名で検索がかかります。

そういう商品を狙うと売りやすいですよ?

A8の検索窓に人物名を入れて調べても良いですね!!

広告のタイトルとA8ネットのキーワードを合わせた記事を書くと売れる

A8ネットで売れる商品とおすすめ案件の具体的な探し方

プログラム名に含まれるキーワードをメインに入れる
A8の「キーワード」に含まれている文字を記事キーワードに入れる

この二つを意識するだけで、高い見込み客を集めることができますよ?

今回の例ですと、「スキルシェア」「フリマ」なのでライバルがいなかったら記事のタイトルに入れてみましょう。

「フリマアプリで稼ぐ方法」

「スキルシェアサービスオススメ○○選」

このようなタイトルで作ったサイトを作って集客するとうれます。結構A8この部分が変わります。広告主としてもアフィリエイターやブロガーに自分の商品をA8から探してもらわなければ行けません。

ライバルが多いキーワードはすでに大手に取られていますので、広告出稿側も穴場キーワードを探るわけで、そこを探すとまだライバルがいない関連語が一気に並ぶなんてことあります。

時間があったら無料のA8セミナーに行ってみましょう!「成約しやすいキーワード」を密かに教えてくれたりします。ネットの世界もリアルな人脈って重要なんです。

購入までのハードルが低い商品や案件はA8で売れやすい!

A8以外にも共通することですが、初回購入までのハードルが低い商品は売れやすいです。

  • 無料サンプル案件
  • 無料資料請求案件
  • 無料登録案件
  • 無料ダウンロード案件

1円も払わなくてよいというのは読者の負担を最大限に下げますよね?

「ネットだから怪しいと思っても無料だしお試しで・・・」という戦略はやっぱりアフィリエイトでも使えるんです。

購入申し込み方法がシンプルな商品は売れやすい

他にも購入方法がシンプルなものにしてください。

  • ページ内に複数の購入ボタンがないもの
  • 記入項目が少ないもの
  • クレジットやペイパル銀行振り込みまでの流れがスムーズなもの

こういうのが売れる商品を選ぶコツです。一度購入すればわかりますが、1つでも入力項目をミスると「エラー」が出てきて非常に煩わしく購買意欲が消えます。

広告主によっては売れなくても良いのでアンケート調査の代わりにアフィリエイト用の販売ページを用意しているところもあるので、初心者はそこは避けた方がいいんじゃないかと思います。

やっぱり新着案件はアフィリエイト初心者でも売りやすい

後はとにかく迷ったら新着狙いです。

なぜならライバルがいないから。

そして初回購入者がまだ多い状態だからです。

商品の知名度が上がればドラックストアなどでの販売も開始しますし、そうなるとリピーターがサイトに訪れることになります。

先にネットでテストマーケティングをしている状態の商品を紹介するとライバル不在で稼げることがあります。

ただ、これには若干のリスクがあり、記事を書いても売れないこともある。

だからこそトップアフィリエイターやブロガーが参加せず、一発逆転のチャンスがあるってことですね!

商品名に個性がある商品案件は突然有名になって売れまくることがる

広告のブランディングで最も重要なのは「想起イメージの喚起」です。

例えば炭酸ジュースで有名なのは?

「はいコーラ!」ですよね?

こうやって人の頭の中にイメージをすり込めば「ジュース」ではなく「コーラ」と検索してくれるから非常に利益率も高くなります。

これ、最も広告主が望む状態であり、それゆえに商品名については命を懸けているわけです。

となると・・・商品に個性的な名前がある持っていうのは今後も認知のための広告が入り、売れやすくなる可能性が高いです。

これはブログのブランディング戦略とかなり似ています。

広告の本質ですので、まずは「へんな名前の商品」を探す「インパクトのある商品名を探す」

そんなことも試してみてください!一人勝ちできるかもしれませんよ?

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問は気軽にどうぞ!お互いメリットがあれば最高ですね!

コメントする

目次