ネットで商品を買ってもらうための記事の書き方と流れ

なかなかネットで商品が売れないのはなぜ?商品を売るためのセールス文とは?

せんせーい(>_<)書いても書いてもなかなか商品が買ってもらえないんです!売込みばかりの記事はダメだっていうし、みんなの役に立つコンテンツを作ろうとしているのですが、なかなかネットから商品を買ってもらえません。

 

アフィリエイトリンクをクリックしてもらえないのです!!という切実な悩みが増えているようです。初心者向けに情報発信をしているつもりなのに、最近は月に数十万円稼いでいる方からも相談が(;一_一)

 

うーーむ。公開したらどんどんライバルが増えそうですが、ちょっと解説してみましょうかね。

 

まずは大前提としてネットでの購入見込みのあるキーワードでのアクセスが多いこと。

これがなきゃダメですよね?楽しませても売れないですからね。まずはご自分のブログやHPのアクセス解析に戻って、どれくらい購入見込のあるキーワードでアクセスがあるのか?

 

それを全て書き出した方が良いですよ?またそのキーワードでアクセスした人(=質問者)にどのような提案を用意すべきか、もう一度考えましょう。

 

見込み客以外基本買わないから!!ココに突然秋物のコートのアフィリエイトリンクを貼っても買う気にならないでしょ?

 

 

復習:https://nihongo1000.com/category11/entry57.html
   ・・商品の説明の仕方

 

    https://nihongo1000.com/category28/entry37.html
   ・・アクセスがあってもクリックされない場合

 

ちなみに、100回クリックされているのに1回も商品が購入されない場合はリンク先の商品を替えても良いと思います。
商品購入ページに魅力が無いと、いくら訪問者を飛ばしても無意味です。

商品を購入してもらえる記事を書くための要素とは?

個人を前面に!何故買ったのか?なぜ買うべきなのか?この2点がないとダメ。

 

まず、アフィリエイターはショップ店員ではないですよね?もしショップ店員型で商品を紹介したいのであれば、きちんと計画を立てて、ネットショップサイトを作るべきであり、アフィリエイトブログを作るべきではありません。

 

だから、まず個人としてどのような経験や経緯でその商品を買うに至ったのか?それを丁寧に書かないとダメですよ。そしてその結果どんな効果があったのか?

 

個人的な感想を正直に書くことです。

 

後は、今すぐ買うべき理由ですよね。背中を後押しする一言です。
みなさんはアフィリエイトリンク先の全ての文章を読みますか

 

読まないですよね??この商品の全部の文章を一度で理解できますか?

 


【ノーワーク・アドセンス】作業なし! 完全自動収入アドセンスマニュアル 桑島隆二×片岡亮太のデザインマーケティング実践会

 

リンク先の広告に書いてあるでしょ?って言っても面倒で読まない。
だから、この2点に注目して!とか言うわけですよ。

 

でも「「1検索キーワード(=質問)×1コンテンツページ(=質問の回答)」
この人は分かっている!!あなたは知ってますか??

 

とやると読みたくなるのです(笑)つまり広告(リンク先)の文章を後押しするわけです。

 

比較されるべき商品がある場合は比較と結論を!

例えばアフィリエイト商材じゃなくて、物販商品なんて類似商品が腐るほどあるわけです。オンリーワンの強みがあるアフィリエイト商品があれば良いのですが、良いものはすぐに真似される。そして類似品が市場に出回るわけですね。

 

だから、「お?これはよさそうだぞ??」と思っても慎重な方は「じゃあ、もうちょっと安い類似品ないかな?なんて探してしまう。価格コム、楽天などは典型的ですね。

 

でもそれをさせないために、私は楽天と価格コムとアマゾンを見て決めたのでこれが一番いいですよ?なんて書いてくれれば安心するんです。

 

深い悩みで今すぐ解決しないとヤバい!という人(キーワード)を集められないのであれば、比較して安心させてあげましょう。

 

ただ、誰から買っても大して結論が変わらない商品=本やCDやゲームなどはそこまでしなくても大丈夫です

 

 

焦る気持ちを抑えて、一商品を丁寧に何度も紹介しよう

さて、話が変わりますが、ここまででこの記事は文字数にして何文字か分かりますか?

 

約1500文字です。原稿用紙2枚分ですね(*^_^*)

 

どうでしょうか?文章が長すぎますか?よくスマホだから400文字で良いよ?600文字あえれば十分だよ?

 

という記事も見かけますが、リピート客を増やして恒常的に稼いで行けるようなサイトを作りたいのであれば、一記事が何度も色々な人に読まれるのが理想ですよね?

 

すると600文字では少なすぎるのでは?

 

どうしても焦ってリンク先に誘導したい(>_<)と言う気持ちはあるのですが、そうじゃなくて語り足りなくらい、この商品を愛しているので説明したい!という思いがあると自然に文章は長くなりますよ?

 

さすがに5000文字とかは長すぎると思うのですが、もうこの商品について私からいう事はないくらい考えて商品を紹介すれば、きっと訪問者も満足してくれるはずです。

 

得にサイトアフィリエイトの場合はその意識が重要です。

 

 

 

 

 

 

意外と見逃しがちなのがASPによるターゲット設定

ASPもアフィリエイたーが売れば売るほど儲かるんですよ。だから一生懸命どんなターゲットを集めて、どんなふうに紹介すれば良いのか情報を提供してくれている。でも稼いでいない人って報酬単価を適当にみてパパッとリンクを張る

 

 

商品を購入させる,記事,書き方,例文

 

キーワードツールとか使う前に、基本的なことは書いてあるじゃん?本当に自分の貼っている広告のRP文熟読しましたか?どんんな記事を書けば良いのか?ヒントが散らばっていると思いますよ♪

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!
もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

トップへ戻る