商品が売れるブログ記事の書き方と例文について

商品が売れるアフィリエイト記事の書き方を例文付きで教えましょう。

私が日本語教師だからか当サイトで一番多い質問が記事の書き方に関するもの。どんな記事を書けば商品が売れるのか?

 

アフィリエイトサイトでのセールストークのやり方が分からないので教えて欲しいというものです。確かに店舗のせーするトークとネットのトーク術は違います。

 

対面で顔が見えているわけではないし、文章と写真だけで表現するのは大変ですよね?では私がどんなポイントに気を付けて商品紹介の記事を書いているのか、例文付きで教えましょう!

 

 

商品が売れる,記事の書き方,例文,見本

商品が売れる文章は機能的価値と情緒的価値が含まれている

まずは売れる商品の記事には二つの価値観が含まれていると言われています。

 

 

機能的価値

 

・・・・いわゆるスペックというもので、数字やデータで図れる商品の価値

 

情緒的価値

 

・・・・いわゆるベネフィットというもので、商品を使ってどう感情が動いたかという価値観

 

 

この二つです。もともとの商品はこの2つの点を訴求して開発されているものも多く、使いやすくて便利で、なおかつ購入したお客様がに自慢したくなるような商品を誰もが目指してます。

 

iPhoneなんていい例ですよね?便利な上にオシャレにつかっていると見せつけたい(笑)

 

 

最近はモノよりコトなんて言われていますが、商品そのものの機能以上に、どんな風に楽しんでいるのか?それをインスタをはじめさまざまなSNSにUPしている人が多いことは皆さんも知っていると思います。

 

 

機能的価値と情緒的価値のバランスが良い文章の例文

 

 

『このウーロン茶はポリフェノールが1000mgも含まれていて、抗酸化作用があるんですって!。飲むと口の中がさっぱりして、脂っこかった口の中がすっきり。いつも口が粘つくと悩んでいた私も毎日冷蔵庫から取り出すのが楽しみです。』

 

 

 

『シリウスを購入してから私の運命が変わりました。アフィリエイトを知っていても、表現の仕方が分からない私にとって一瞬で当サイトのようなアフィリエイトサイトがでるツールは神様のような存在です。本当にこのツールがなければ私は一生貧乏講師だったと思います。ありがとう、ありがとう、ありがとう(泣)』

 

 

こんな感じですね。赤い文字が機能的価値、緑の文字が情緒的価値です。みなさんの商品紹介文には入っていますか?

 

 

 

 

サイトアフィリの場合は商品が売れるキーワードでの集客と導線が必要

次に物販商品のアフィリエイトサイトですが、これは基本的に売れるキーワードでの集客が前提です。私は緩い集客とか遠い集客とか言っていますが、あまり購入見込みがないキーワードで集客をしてもそう簡単に商品が売れません。

 

まだ迷っている人が集まってきた場合は、うまく商品紹介ページまで誘導して、なおかつその商品をその場で欲しくさせるような技術が必要です。

 

 

ただ、売れるキーワードってライバルが多くて文章が書けても上位表示が難しいと来ている・・・。だからセールスの文章がうまいだけではうれないという現実もあります。

 

商品が売れる,記事の書き方,例文,見本

 

 

一番いいのはライバルがいないキーワードで集客をしつつ、本気で欲しくさせるような商品紹介文を書くことですね?

 

これ超難易度高いのですが特別に1つだけテクニックを教えましょう。

 

売れる文章には良い意味で裏切りが含まれている

みなんさんはすでに気づいていると思うのですが、TVCMで笑顔で商品を使っている芸能人は本当に毎日その商品を使っていると思いますか?

 

 

ラックススーパーリッチ・・。本当に年間数十億稼ぐセレブ女優が数百円の商品を毎日毎日使っているのでしょうか?

 

・・・使ってねーなー( ;´Д`)自分の髪はこうならねーな。って思ってるわけですよね?(笑)

 

 

うちの奥様もTVに向かってよく怒鳴ってます(*´з`)「嘘ばっかりじゃん」って・・・怖い・・・・。

 

でも一応ブランドもあるし最低レベルはクリアしているはず・・・。知名度のある広告に関しては元々信じてないわけです。

 

Not read(読まない)/Not believe(信じない)/Not act(行動しない)なんて言われているわけですが、このどこかを崩すためには裏切りが必要。

 

そのためのテクニックの一つとして前提を崩すというのがあります。実は常識だと思っていたことが崩されたり、実は自分で気づいていたけど、普段は言えずに忘れていたことをはっきり口に出させると、心が動かされるものなのです。

 

 

前提を崩して商品を売るための例文

では続いて、前提を崩して商品を売るための例文です。

 

 

【 その1 】

 

今はやりのライザップですが、ライザップに行ったら痩せるわけなんてないのです、正直どこのスポーツジムでも変わらない。ただライザップが凄いのはCMだけではないです。会社全体、社員全体が一つのビジョンを持っているんです。

 

それは継続性、そして自宅での管理体制です。例えば社長の瀬戸健氏(まだ39才)も日経新聞でこんなことを言っています

 

 「相手は人間です。練習をしたくないという思いは強いのです。ノウハウは本屋に行けば、売っています。ゴルフも英語もダイエットも。すなわちやり方はコモディティー化しているわけです」

 

 「ダイエットの一番の失敗原因はやり方ではない。続かないことですから。やり切らせることはコモディティー化していません。実はここに我々のノウハウがあります。全てのレッスンに通じますが、来ない時の過ごし方の方が重要なんです」

 

続けるのが苦手な人だけが行けばいい。私はこれで痩せて今では最高に幸せです。

 

 

 

【 その2 】

 

そもそもそのサプリを飲んですぐに痩せるなんて期待するのがダメなんです。今の脂肪がぐんぐん減るなんてないです。すべては食事とカロリーなんです。ただ、そのサプリを飲むことで、次につく脂肪を減らす。今の脂肪を減らすのではなくて、次につく脂肪を徐々に抑制していく、そういう風に考えていた方が気が楽です・・・。でも食事には気を付けてください。

 

私はこのサプリが凄くよかったです!食事の時に関するストレスが減ったかも♪

 

 

 

・・・・まあこんな感じです。どこで前提を崩しているか分かりますか?

 

 

 

売れる文章が書けなくてもアフィリエイトで稼ぐことはマジで可能!

で、こうやって書くととにかく売れる文章を書かなきゃ!売れる文章を書かなきゃって思うかもしれませんが、アフィリエイトで稼ぐことだけを第一目標にするのであれば、ご自分の文章力はアフィリエイトに必要な要素の半分程度だと思います。

 

ぶっちゃけると要りません・・・。

 

なぜならアフィリエイトは他人に文章を書いてもらってもめちゃめちゃ稼げるからです。

 

ツールやシステムを使っても自動で月に数万なら余裕で稼げてしまうからです・・・。

 

 

これが現実です。

 

私も全部が自分でやっていたら100万なんてすぐに突破できなかったと思います。

 

最近私のコンサルメンバーさんにもアドセンス外注化、物販外注化で数十万稼げているメンバーさんが加わりました♪

 

大切なのは戦略と戦術なんです。
他人に協力してもらえれば、記事が書けなくても稼げます。

 

 

この辺は文章が書けない人にも救いになるのではないでしょうか?

 

 

もちろん文章がうまいに越したことはないし、自分で書いた文章から商品が売れた方が満足度が高いと思います。でもサラリーマンやOLをやりながらアフィリエイトをやる時間がない。

 

主婦で家事をやりながら文章力まで鍛えていく時間がないという人は、自分で書かないという選択肢も視野に入れた方が良いですよ?

 

時間を取るか、お金を取るかの話になりますが、アフィリエイトの場合は少額の投資で済みますよ!!

 

というわけで今回の質問への答えでした♪

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!
もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

トップへ戻る