アフィリエイト業界は既に飽和気味?衰退するのかも?と悩んでいる人へ!

アフィリエイトを今更初めても大丈夫?本当に投資に見合ったリターンがあるの?書籍コーナーでもそんなに沢山の新刊が出ているわけでもないし、業界がメチャクチャ伸びているといううわさも聞かない。

 

既に飽和気味でゆっくり衰退するのか?なんていうものが、壁になって、どうやらメルマガ読者さんを初め、コンサルにいらっしゃる方も熱が入り切らない様子。

 

yahoo知恵袋にもちらほら出始めたので、私の考えを書いておこうと思います!

 

 

 

みなさんはどう思われますか?これからのネットビジネスでのアフィリエイトの将来性?最近グーグルも厳しくなったし、ジャンルによっては広告主が撤退して衰退している?

 

そう思う人はちょっと見てくださいね!!

アフィリエイトの媒体は変わるがネットの広告ビジネスはなくならない。

まずはじめに、こう結論づけておきます。世の中から広告は消えない!!

 

なぜなら広告=信用だからです!!

 

何故人が服を着るのか?もちろん、防寒や外敵から身を守るためなどの理由もありますが、それよりも現代社会では最低限の信頼を勝ち取るためだとは思いませんか?

 

 

本音で教えて!アフィリエイトは衰退するビジネスモデルですか?

 

LINEのディレクターさんもおっしゃっていましたが、広告とは無関心・他人事を自分事に引き付けることです。

 

「ヤンキー兄ちゃんは実は動物を助けて優しい人である」ということを伝えないと、ヤンキーお兄さんと学校のマドンナとのカップルが成立しないわけです(笑)

 

人間も物も中身が大切とは言え、やはり説明してあげないと、その中身に気付く前に人が去ってしまうのです。

 

他にも駅前でプロのバイオリニストが演奏しても、誰も寄ってこないという心理実験もありますね。

・・・3・5億のバイオリンのプロ演奏なのに(笑)完全無視

・・・会場で弾くとこの通り!

 

この事実からも分かるように、人に物の良さを教えるためには、信用させる説明が必要。

 

それが広告の役割であり、それを個人レベルでできるのがアフィリエイトというわけです。なぜ個人の方が良いかというと、信頼されやすいからです。

 

他人(企業で働き発言に制限のある人)の言っていることより友達の言っていることの方に人は耳を傾けるのです。

 

商品→広告→顧客

 

この流れは変わりません。この広告制作にかける経費と効果が、自社企業内では限界がありますし、TV、ラジオ、雑誌などの枠は限られている。そして会社で働く以上発言に限界がある。

 

だから、友達同士のコミュニティー(ブログ,SNS)を利用して、そこに広告を出すことで、企業は信頼してもらおうと思っているわけです。

 

このコミュニティーの媒体は新しい技術の登場と共に少しずつ変わります

 

それがブログであったりフェイスブックであったり、LINEであったり変化しますが、ウェブの広告自体が消えることはありません。

数字を見ればアフィリエイトは成長分野か衰退分野かが良くわかる。

とは言え、実際にアフィリエイトというビジネスもでるが2015年以降も成長するのかどうか?客観的に知りたいという人は、まずは株価の推移からみてみると良いでしょう。

 

 

 

【 A8ネット2019年までの5年分・・・A8ネット株価へ

 

 

 


【 バリューコマース・・・2019までの5年分・・・バリューコマース株価へ 】

 

どうでしょうか?着実に伸びてませんか?今までは難しかった個人の情報発信のハードルが下がり、TVなどの独占広告と比べるとその衰退は分かりやすい。

 

 

 

他にも2部上場の会社もあるのですが、物販を見ている限り、そこそこ安定して伸びています。

 

 

みなさんがよく見かける業界予測の通りのびています。

 

詳しくはネット業界予測ランキングを見てい見ると良いでしょう。

 

コンピューターやロボットが衰退することはないのは当たり前ですね?

 

 

全体としてこのようなIT広告業界は伸びています。

 

 

2019年も物販アフィリエイトの健康ジャンルは若干衰退予測

ただ、2018年に業界に激変が起こったように、医療・健康ジャンルに関して、特定のキーワードはグーグルがSEOで上位表示させないようにしている感があり、個人がこのジャンルに参入するのは厳しそうです。

 

実際大手製薬会社でアフィリエイトASPから撤退したところもあると言います。病気名に関してのキーワードは衰退したと言えそうです。ただ、上位にあるサイトが病院のサイトばかりになってしまっては今度は一般利用者に使いづらい。

 

その隙間を塗ったキーワードで攻めれば一人勝ちということも考えられるでしょう。

 

アドセンスやアマゾンは伸びているが個人参入のハードルが上がる

同じくして伸びてはいるものの、新規参入へのハードルが一気に上がったのはアドセンスとアマゾンです。数年前までは無料ブログで1日の審査だったものが、今や独自ドメインのみ。しかもドメインごとに広告掲載の再審査が入るようになりました。

 

いままではアクセスがほとんどなかったブログでもアドセンスだけ貼っておけばそれなりに収益化したのですが、これからはキチンとしたサイトじゃなければ収益化は難しい。

 

 

これをチャンスと見る人もいますし、個人ブロガーの参入障壁があがり、業界全体が衰退すると予測している人もいます。

 

一方動画の伸びと共にユーチューバーの売り上げは伸びまくり


【 UUUM(株)の伸びはすごい 】

 

一方で動画広告はTVの衰退に反比例するように伸びまくってます。合わせてプチユーチューバーになってブロガーさんたちがかなり稼いでいます。

 

検索エンジンの上位動画が占める割合も多く、ここは伸びるのではないかと予測されています。
今の若い世代はかなりチャンスだと言えるのではないでしょうか?

 

活字文化の衰退と広告ビジネスの関連性について

これは最近ブロガー界隈で言われてるんですね・・・。「ブログオワコン」「YouTubeオワコン」なんて煽って、投資の情報商材買わせたり仮想塚やらせたりする・・・。

 

 

いつの時代もこのやり方は変わりません。

 

数年前までTwitterは終わったとか言われてたんですよ?
でも人は文字を失わないし、活字も消えないです。

 

そもそも動画や映像といのも活字の台本ありきだったりしません?

 

 

もちろん動画の方が伝えやすいジャンルもあるので、そこは組み合せて使えば良い。
一つがダメなら全部だめと言うわけじゃないですよ。

 

日本人は極論が好きですし、実際極論の方がネットでウケるんです。安倍政権終わったとか、日本崩落とかそういうタイトルが売れるのでそれを真に受けてしまうんですね。

 

ああいうのは事実だけじゃなくて、キャッチコピーですから。

個人広告というアフィリエイトビジネスモデルの将来性は?

とは言え、業界全体が伸びていても、個人の広告ビジネスモデルであるアフィリエイトに将来性があるのか?広告主がいなくなったらどうなるの?という不安は尽きないもの。

 

そこに関してもお答えしましょう。

 

企業ができるウェブ広告と個人が出来るウェブ広告の差がある限り、このビジネスモデルは消えない。という事です。

 

確かに業界の衰退はありますので、アフィリエイトで稼げるジャンルというのは変化すると思いますが、大手企業ができる広告の手法と個人ができる広告の手法に差があるかぎり、このビジネスモデルは消えないと思います。

 

比較広告は個人のもの!偏った業界の力関係を正せると思う

 

例えば、代表的なのが比較広告。自動車業界を例に説明すると?

 

【トヨタVS日産自動車比較特集】などはまずは大手企業はできませんよね?

 

TVでそんな特集を企業自らがやったら大問題です。裁判になっちゃいます。大手自動車雑誌もマイナーな会社同士の比較特集などは予算の関係上組めない。

 

でも個人広告なら可能です。そこに注目してほしいです。

 

他にもマイナー商品。認知されていない新商品の宣伝です。

 

TVのCMを流すほどの資金力がない企業や会社でもアフィリエイトを使えば、月に数万円で沢山の人に商品名を覚えてもらうことが可能。

 

影響力のあるブロガーさん,人気HPの一部に固定費だけで自社商品の宣伝が可能。

 

これは経費で考えると非常に安い。だからこそ悪用する会社もあるのですが、個人の情報発信サイト(コミュニティー)に広告を出稿するという手段は非常に効果的なのです。

 

車コミュニティー、音楽つながり、学校つながりのグループ(SNS)に広告を出せば、無意味にTVで広告を流すよりどれほどピンポイントか分かりますよね?

 

狙って広告を出せるアフィリエイトは手数料を払っても十分に採算が取れるんですよ。

悲観的に考える前にアフィリエイトの技術は世の中に生きますよ?

繰り返し言っているんですけど、アフィリエイトというのは商品をネットで売るだけの単純なビジネスではありません!!

 

別にこれだけ技術が身に付くんだから衰退したっていいじゃない♪

 

 

自分のサイトをきれいに見せるためのウェブデザイン力

 

  • 将来店のHPを作る際に非常に役立つ技術 
  • カラーリングも含めファッションセンスも向上。
  • 動画の取り方写真の見せ方などの訓練もできる

 

セールス文章を書く技術

 

  • 営業トークが上手くなる
  • コミュニケーション力が上がる
  • プレゼンテーション力の圧倒的な向上

 

商品を別キーワードでとらえる技術

 

  • その商品を別角度で売れないか?と考える視点が企画開発力に繋がる
  • アイデアマンになり、創造性をもった社会人になれる。

 

ネットでの集客力,キーワードセンスと分析能力

 

  • 個人商店はもちろん、世の中の流れを見つめる力
  • 若者から年配の方の動きを俯瞰的にみる技術獲得
  • どんなキーワードでどこに人が集まるのかが分かる

 

経営センス・投資技術

 

  • PPC広告での費用対効果の計算能力
  • 外注利用などの他者理容による将来起業・独立する際の経営センスの獲得
  • 税金の管理,確定申告の方法など基礎の経理能力

 

 

社会人に必須なんですよ。どの技術も。必要なくなると思いますか?身に付けなくて良いのですか?

 

 

根底にある不安は物を作っていないという罪悪感。でも日本はそんな国

多分アフィリエイトに関して不安がある人は「ものを作り出してこそ日本人!」「モノづくりに携わってこそ仕事!!」という意識があるのではないでしょうか?

 

でも、ちょっと考えて下さいね?

 

もしかして、みなさんは土から鉱物を掘り起こして、加工して商品を作る一連の作業を全部やらないと仕事と言えないと思っているのでしょうか?

 

 

種から農作物を作って市場に売らないと、ビジネスではないのでしょうか?

 

デパートに置いてある商品を扱っていないと、商売ではないのでしょうか?

 

そんなことありませんよね?

 

本音で教えて!アフィリエイトは衰退するビジネスモデルですか?

 

なぜなら日本は本質的に資源のない国だから、それを高度に加工して、ブランディング化して、参入障壁を設けて売らなければならない国なんです。

 

それに、そもそもモノづくりがアフィリエイトでできないなどと思っている地点で、考えが浅いと思いますよ!

 

例えば、釣り道具の作り方というサイトを作って、読者の方にオリジナルの釣りの仕掛けを作ってもらう。
必要商品をアフィリエイト。

 

釣り糸や錘,竿の材料を合わせて購入してもらうことが可能。

 

 

 

仏像の作り方を教えつつ、蚤を買ってもらうなんてこともできますよね?
確かに自分が物を作ったわけではないですけれど、きっとネットの向こうで素敵な商品がオリジナルできていることでしょう!

 

 

 

この発想を拡張すれば日本でなく海外にだって商品は売れます。
美味しいおにぎりの作り方をタイ人に売ることだってできると思ってます。
実際に多くのASPが海外最近アフィリエイトに参入してます!!

 

 

こう考えると、儲けるアイデアを売ってもうけるという単純な視点ではなく、さまざまな分野に広がりを持つビジネスだとは考えられませんか?

 

 

 

若者こそ、アイデアの宝庫。無料で無在庫、低リスクでできるこのビジネスを早めに学んでおくべきだと思いますよ!!

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!
もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 

完全オリジナル講座2つ作りました!テンプレート配布中


アフィリエイト,ペラサイト
アフィリエイト,恋愛

TOPへ