高齢化社会でも個人が生き残るためのマーケティングが学べる良書

高齢社会,流通,マーケティング

日本が絶対に避けて通れないのが高齢者中心の社会です。孤独詩問題・老老介護・高齢化マンションなど日々ニュースで話題になる話ですが、それを暗く後ろ向きに捉えるのではなくてビジネス視点で眺めてみると、そこには金の鉱脈が??

 

今回紹介する本は「高齢化社会ニッポンで稼ぐ-消費と流通の先を読む」です。

 

思わず全ページに折り目をつけたくなるほどの内容の濃さだったので、このHPでも紹介しようと思います。後10年しないうちに国内経済のバランスは臨界点を迎え、生き残れる会社と、潰れてしまう会社の差がますます大きくなることでしょう。

 

内容も具体的であり尚且つ実践的。ネットビジネスにどこまで活かせるのか?少しずつ解説していきたいと思います

 

高齢社会,流通,マーケティング

少子高齢化は先進国全体の問題です。日本で培ったノウハウは海外ビジネスにも参考になるはずですよ♪


高齢化社会においてネットで売れる物とは?

高齢社会,流通,マーケティング

高齢者が増えるにしたがって、大量消費の時代は終わり、本当に質の良い物を少量だけ欲しいという人が増えることは容易に想像ができることだと思います。

 

当然ネットビジネスもそこに向けてのアプローチが必要であり、後10年しても売れるロングセラーを是非とも扱いたいと思うはずです。そこで本書の中からすこしアイデアとヒントを紹介しましょう。

 

・掃除関係が売れる→体力を使う掃除を代わりにやってくれるもの。ルンバなどの作業補助用品
・葬儀関係のビジネスが生まれる。墓石など→当然高齢者中心なのですから。
・宅配弁当など移動の手間を省くサービス→足の不自由な方が増えるため。
・家事代行などのサービスが増える→資金のある人は独自の介護を頼むでしょう。
・調理済の食品サービスが増える→料理する人が減っている現実から補助器具も物販で売れていますね♪
・災害予防・防犯などのサービスが増える→移動も辛く体力もないのであれば他を頼りたくなりますね

 

などなど、実際に物販としてではなくても、サービス系の商品を紹介しても良いわけですし、地域密着であればアドセンスを使ってもかなり稼げることが予想できます。

 


反対に高齢化社会で売れなくなりそうなもの

高齢社会,流通,マーケティング

では今後は逆の目線で高齢化社会において売れ行きが伸びないと予想されるものについてお話しします。ただ、早めに代替案を持っておかなければ、あっという間に時代に取り残されてしまうので注意が必要です。

 

ただ、ニッチなニーズというのは残りますので逆転の発想で誰も欲しがらないものを売るというのもアリ!ということだけは念頭に入れて聞いてください。

 

・大型自動車など運転が大変な車→現在も減り続けています。一昔前は中古車アフィリは王道だったのです。
・強いアルコールなどの食品→強い酒を飲んで大暴れというのはバブル期で終わり、低アルコールにシフトしています。

 

と言った感じで、今売れている物が数年後に売れ続けるとは限らないという思考は常に持っていたいものです。


5年後10年後の人口比率の実数を見ながら想像してください

① 2016年 前期高齢者(65-74歳)は1762万人

 

② 2017年 前期高齢者は1758万人、後期高齢者(75歳以上)は1758万人

 

③ 2023年 東京オリンピック三年後に後期高齢者(75歳以上)は2000万人を超える社会。

 

このころには1/6は75歳以上。1/3は65歳以上の恐るべき高齢社会が待っています。今現在日本中で騒いでいるオリンピックを目にする人のうち日本の人口の約半数は60代~のおじいちゃんおばあちゃんの世界です。

 

高齢社会,流通,マーケティング

 

参考:総務省統計

 

このような社会に向けて本当に私たちは十分な準備ができているのでしょうか?

 

私が日本語教師を通じて外国人労働や移民問題に興味を持つのもこの国家の大変化に対する不安と期待によるものであり、一社会人として考えて行かなければならないと思うからです。

 

輸入でもアフィリエイトでも良いのですが、今からネットビジネスの世界を考える上で高齢化とマーケティングは外せない大きなテーマであると思います。今年ようやくドコモがアイフォンを採用。スマホの普及も始まったばかりです。

 

すでに高齢者が持てる物(預金・不動産)であれば、若者の持っている物とは「新しい技術」ではないでしょうか?

 

私は今20代の人は非常にうらやましいです。安く買えるパソコン、IT環境は目の前にあり、しかもその技術は高齢者は手にしていない

 

こんなに世代間ギャップのあるビジネスはないはずです。今からでは遅いなんてことは全くありません。少しずつでいいので勉強するべきではないでしょうか?

 

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!
もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

トップへ戻る