初心者販促とアフィリエイトの関係

お菓子の販促法が分かれば!アフィリエイトに応用ができる!

今回紹介するのは「なぜ20円のチョコでビルが建つのか?」という本です。私もウマいキャッチコピーに釣られて購入。アメ横の「二木の菓子」は私の家からも割と近くにあり、親しみがあったので読んでみたところ、これはアフィリエイトの販促にも十分使えるの方法があるな?

 

ということで紹介します。みなさんもチロルチョコとかうまい棒のような利益率が低いお菓子を販売してなぜ儲かるのか?不思議じゃないですか?

 

 

なんとまあ!!普通にお菓子を売ったら4トントラックをいっぱいにしてやっと10万の売り上げが出るそうですよ?

 

初心者,販促,アフィリエイト

 

ではそんな低利益率のビジネスでどうやって成功を収めたのか?

 

・・・この本で、プロの販促法を学んでみましょう!!

販促で大切なのは顧客の数より顧客の感情

初心者,販促,アフィリエイト

ネットで物を販売するとなると、やはり集客を第一に考える人は多いです。確かに見てもらえないHPやブログは存在していないのと同じ。

 

目立てば稼げるのがメディアのルールです。ただ、そこにばかり目が行ってしまうと、数重視の集客になり、顧客の感情を無視してしまうということ。

 

「効率化と感動はトレードオフ」とこの本に書いてありますが、なるほど。「客の予想をちょっとだけ上回る感動を与えること」サービス大国の日本ですし、結構普通にできる方も多いのですが

 

ネットビジネスだと顧客の顔が見えない分、どうしてもハードルを下げてしまうのかもしれません(^_^;)

 

アフィリエイトでの紹介でも同じで、「そこまで知ってるの?」「体張ってるね?」「金かかってるな?」「よほど勉強したんだろう?」

 

そんな感情を起こす記事が1記事、また1記事と積み重なるうちに、感動するサイトができるのかもしれません。


ネットで高額商品を売るための販促のコツも書いてある!

みなさんやっぱりアフィリエイトをやるからには稼ぎたいわけですよね?そうなるとどうしても利益率の高い商品。情報商材や、ASPの高単価商品を中心に扱おうとします。

 

でも高い商品って相手はそれなりの価値を期待しているわけですから、買ってがっかりのことだって多いのです・・・。

 

本書の中では「アメ横で1万円のチョコレートを売る方法」について紹介されているのですが、これが面白い。

 

初心者,販促,アフィリエイト

 

絶対やってはいけないのがこのチョコを「半額セールなど値引きして売ること」だそうです。

 

メーカー側が苦労して作り上げたブランドイメージを壊すことになるし、感動値を下げる行為に他ならないとおっしゃってます。

 

で、ニ木のとった戦略が「1万のチョコを100個にバラして100円で売る」こと

 

これなら「1万円のチョコを食べてみたいかも?」という顧客心理とマッチしていますし、メーカー側も普段は高くて買ってもらえない顧客に、価値を届けられて嬉しいと思うとおっしゃってました・・

 

 

アフィリエイトの販促だって同じ戦略が使えそう

同じような戦略はアフィリエイトにだってできますよね?例えば情報商材なら先にPDFで教材を無料で渡す。

 

私のようにバカみたいに100回も無料講義をするなどが有効だと思います。

 

物販商品を売る際も同じです。

 

安くて本当に良いものを先に紹介すると、買った人の満足は120%になりますよね?

 

そこで紹介者に信頼が生まれるわけです、その信頼を元にもう少し高額な商品を提案するというやり方だって、あると思います。

 

いきなりバカ高い化粧品とかサプリとか売るんじゃなくて1000円位で本当に良いものを売る。それが買えるようなサイトを作る。

 

「このブログやサイトなら、本当に安くていいものが紹介されている!!」

 

先に思わせるってことです。

 

そんな販促のやり方もあると思いますよ!

 

 

安易な販促は消費者に見抜かれる

これも結構怖いなと思ったのですが、ありがちな

 

「満足いただけなかったら全額返却キャンペーン」

 

という販促の方法。

 

これに二木のお菓子は真っ向反対しています。
その理由は以下の通り

 

 

① 満足しなければ返金という言葉にプラスのイメージがない

 

② ○○なら料金無料は本来のターゲットでない見込み客も集める

 

③ 「まずかったら無料」という挑発的なキャッチは、批判的に商品をチェックされる

 

とくに三つ目は怖いと思います。返金キャンペーンは、お金を支払えない人が、徹底的に商品をこき下ろし、その理由を過剰に正当化してしまう可能性があるということ。

 

初心者,販促,アフィリエイト

 

評価する側は「なぜ自分は買わないかを雄弁に語られやすくなる」ということです。

 

最近の情報販売者が販促に失敗しているのは、この点かもしれません(^_^;)高額塾やツールに返金保証を付けても、買えない人が批判する。

 

満足できなければというキャッチコピーが感情を逆なでする。そして否定側が自己肯定のためにキャンペーンを貼る

 

・・・恐ろしいことではないですか??情報商材は現実に沢山起こっていて、お互いに噛みつきあっているのが現状のような気もしますが・・・。

消費が起こるつのルールとは?

これは購買欲求の起こし方ですが、アフィリエイトにも使えると思ったので紹介します。顧客が消費行動を起こす3つのルールについてです。

 

① 真実への欲求

 

本書では「一番強い格闘技はどれ?」「最高の掃除機は吸引なのかサイクロン式なのか?」など画例としてあげられていますが、正解を知りたいという欲求をついた時に消費が起るということです。

 

 

② 自分が何者かはっきりさせたい欲求

 

占いがいつまでたっても消えないように、自分がなせ生まれてきたのか?何をすべきなのか?その行動方法を教えてくれると消費が起るということです

 

③ 未来への欲求

 

これはビジョンですね。きっと世の中はこうなるだろうから、やった方がいい。もしくはやらない方が良い。そいうものがはっきりした時に消費が起るということです。

販促の成功例に注目!理由を分からせると商品が売れる!!

初心者,販促,アフィリエイト

なぜこの商品を薦めるのか?買ってほしいと感じるのか?それを素直にPOPに書いて販促を成功させた例がいくつか乗っているので紹介しましょう。

 

アフィリエイトの場合は商品紹介ページに使えるテクニックだと思います。LPですね。

 

 

 

① 復興支援の理由を書いたマメ菓子を売った例

 

これは復興支援キャンペーン成功の例ですね。ビールのつまみに食べるマメ菓子を売る際に「お父さん向けに」きちんとPOPで商品の一部が復興に使われていることをPR

 

そして家に帰って、「お菓子を食べながら震災のことを子供に話してほしい」と訴えかけることで売り上げが倍増したという好例です。

 

② パワースポットで得た幸運を売り場に活かした例

 

これは伊勢神宮にお参りしたら、彼氏にプロポーズされたという経緯をPOPで語り、伊勢のお酒で造られたお菓子を売って、売り上げを倍増させた例。

 

・・嬉しかったんだろうな?そんな素直な感情が売り上げにつながったのでしょう。

 

 

③ 80歳の母親への思いをPOPに書いて成功した例

 

これはカルシウムウエハースですね。「自分がいない時に転んで骨折したら大変」という販売スタッフの一言がそのままPOPになって大成功した例です。

 

④ よくあるアンドーナツを売るためのキャッチコピー

 

最後に一つ。今回一番すごいな!と思ったのが「どこにでもあるアンドーナツ」をバカ売れさせるキャッチコピー。

 

読んだ時に「ヤラレタ(>_<)」と思いました(笑)

 

私も今更アンドーナツを買おうなんて思わないのですが、本書ではスタッフの何気ない言葉

 

初心者,販促,アフィリエイト

 

「今となっては素朴かもしれないけれど、昔はこれが贅沢だった」・・・・・。

 

こういわれたら、昔の感動をもう一度味わいたい方が、きっと買うと思うんです。私の親父も全くおいしくない「魚肉ソーセージ」を何時までも買ってきて家族が迷惑しているのですが(笑)

 

でも子供の頃に感動と共に刻まれた味は永遠ですからね(>_<)

 

というわけで、私なりにこの本から理解した販促術をまとめてみましたよ!どんなビジネスもどこかでつながっています!お菓子の販売戦略もアフィリエイトと共通項が多いと思います。貪欲に学んで自分のビジネスに活かしましょう!!

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!

もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 

完全オリジナル講座2つ作りました!テンプレート配布中


アフィリエイト,ペラサイト
アフィリエイト,恋愛
トップへ戻る