集客用ブログの作り方

アフィリエイトのリスク回避と分散を考えてみるとこうなります。

今回のテーマはリスク回避です!メインブログ一本で月収100万というのは確かに理想ですが、世の中そんなに甘くない!またメインブログが一つしかないといざと問題が起きた時に真っ青になってしまいます。

 

先にありがちな失敗から!

 

 

・ドメインの更新を忘れてサイトが消える
・無料ブログがサービスを停止
・レンタルサーバーがサービスを停止
・ワードプレスの記事データーベースが消える
・なぜかスパム判定をくらい圏外にサイト吹っ飛ぶ
・自サイトのコピペサイトに抜かれてしまう
・大手企業などのとんでもないライバル会社が参入する

・・・アフィリエイトの世界では1サイトが大きくなっていけば行くほど注目を集め、力を得る一方でリスクも当然増えてくるのです。

 

それを回避するために集客用ブログとセールスブログを分ける方法について説明しましょう。

セールスページだけ別ドメインならペナルティーを受けてもダメージは少ない。

当サイトの構造をちょっと見てほしいのですが、同じドメイン内にセールスページがある部分と、そうではなく別のドメインにセールスページがあるものに分かれていると思います。

 

同じドメインで作ったセールスページ

 

別ドメインで作ったセールスページ(ペラサイト,LP)

 

基本的には一サイト内でセールスと集客が同時に行われていた方が理想的なのですが、セールスページにすべてを託してしまうと、アルゴリズムの変動で検索エンジンの順位が下がるごとに売り上げも下がってしまいますよね?

 

でも、別ドメインで作ったセールスページの場合は、そこにひたすらいろいろなブログ,SNSからアクセスを集めて行けば大丈夫。

 

1ページのペラサイトなので、別にこのページにリンクを集めすぎたために検索エンジンに嫌われたとしても、そもそもこのページを上位表示しようと思っているわけではいので心配ない。

 

集客用のブログには広告を貼らずに記事だけを書いていけば、アフィリサイトとみなされずに、検索エンジンにも好まれやすいです♪

 

ただし、訪問者側からしてみると集客ページ⇒セールスページ⇒アフィリエイト広告ページ⇒購入というかなり長いステップを踏むことになるので、この導線が上手くできていないと商品が売れません。

 

その点は注意が必要。

 

集客用ブログはグーグルだけを頼らない!

集客用ブログ,作り方,コツ,方法

また集客用のページに関してはグーグルだけを頼るのではなく、ツイッター,MIXI,フェイスブックなどのSNSを絡ませていった方が良いでしょう。

 

ツイッター,LINEで楽しく会話しているうちに、紹介されているセールスページに興味をもって、そこからついでに何かを買ってくれるという仕組みはこれからのネットビジネスで重要な要素になると思います。

 

先に友達になっちゃえば売れてしまうという理屈ですね。

 

私は最近ツイッターとユーチューブの複合的な集客にハマっていて、それが面白くてしょうがないのですが、リスク回避のためにも集客媒体は分散しておくことも必要。

 

もしかしてフェイスブックの検索システムがグーグルを超えたら??そう考えると怖いですよね。

 


もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 

完全オリジナル講座2つ作りました!テンプレート配布中


アフィリエイト,ペラサイト
アフィリエイト,恋愛
トップへ戻る