ブログをアクセスアップする本質について

一生使える儲かる記事の書き方とグーグル上位表示のコツをまとめました

グーグルで自分の記事を検索結果の1位にする本質をまとめました。大切なのは読者の欲求に正しく答える記事を書くこと,そしてネットの性質を知り、グーグルやヤフーと言った検索エンジンが求めていることを知ることです。

 

いろいろなテクニックが叫ばれていますが、難しいことはありません!以下の点はこれからも変わることのない上位表示のための王道です。記事が書き終わったら是非確認してみてください。

 

 

 

 

  • HPタイトルが具体的な検索語になっているか?
  • 記事のボリュームが600文字以上になっているか?
  • 個別記事のタイトルがHPタイトルの関連語であるか?
  • 一記事にキーワードを詰め込み過ぎていないか?
  • 一週間に一回更新されているか?
  • 正しいリンクのつけ方をしているか?
  • 広告と記事数のバランスは適正なのか?
  • 文字の大きさは適切か、誤字脱字はないか?
  • ブックマークなどリピーター確保の施策を取っているか?
  • 読んでためになる記事なのか?時間の無駄を与えていないか?
  • 見やすいサイトの構成になっているか?

 

よくユーザビリティーと言いますが、まずは、記事の質。それありきです。
実際問題良く聞かれますが、長い文章の方が良いです。

 

次に必要なのがリンクの数です。次が更新頻度だと思っています。

 

儲かる記事とは?それは相手の欲求に答え、同時に欲求を教え、そして高めるHPやブログの事です。

 

ネットと書籍の違いはスピードの差です!情報力の差ではないと思います。ピンポイントで相手の欲求に届かせることができるサイト作りを考えてみてください。

 

極論すると、色々な角度から読者の感情を動かせ!というのが本質なのかもしれません。

 

 

毎日何かを思って生きている人はきっと稼げるブログやHPが出来上がります。抽象的になって申し訳ないのですが、これが変わらない真実でしょう。

被リンクシステムをマスターすると、アクセスが一気にUPします。

アフィリエイトで稼ぐコツは儲かるキーワードを探して、儲かる商品を紹介してするという極めてシンプルな作業なのですが、

 

紹介相手を間違えると手痛いしっぺ返しを食らってしまいます。

 

誰もが新聞の勧誘を嫌うように、欲しくない人に情報を届けてしまうと、顧客に嫌われてしまうのです。

 

ネットの世界ではこの考え方は同じ。如何に欲しい人に欲しいものを届けるか?それを考えないと顧客離れを起こすばかりか、グーグルにも嫌われて、検索エンジンで表示できなくなってしまうのです。

 

では、ここで本題です。自分の作ったブログやHPが素晴らしいものであるかどうか?その大きな指標の一つが、いろいろな所からの応援,つまりリンクなのです。

 

このリンクシステムを知り、それを正しく行っていくことこそが、アクセスアップの本質なのです。

 

グーグルは良い物にはいいリンクが集まるはず!という人間の本質的な未来への期待を信じている会社なので、このような選挙方式のリンクシステムがサイト上位表示へのカギとなっています。このシステムを知らないと頑張ってブログを書き続けても徒労に終わります!無駄になります!

 

詳しくはメルマガで順番に方法論を書いていますが、ここではまず正しい被リンクのイメージとして、下の図を使いたいと思います。

 

アクセスアップ,方法,手段,上位表示,グーグル

どうでしょう?まるで一つの地下鉄の駅のように見えませんか?真ん中の丸い中心部があなたのサイト。他の小さな駅がそのサイトまでの入り口になるローカル駅のサイトです。

 

あなたのHPでは変な交通渋滞は起きてませんよね?案内板に従えば目的地に迷わずたどり着けますよね?

 

アフィリエイトサイトで大切なのは関連したHPが太い線路でつながり、電車に乗って正しく人を運んで行く!そんなイメージを持ちつつサイトを作ることです。

 

この図を常に頭にイメージしながら記事を書いたり、別のサイトを作ると初級から中級レベルのサイトが完成します!分からなったらいつでも聞いてくださいね!

 

アクセスアップ,方法,手段,上位表示,グーグル

各個別サイトの記事数=歯車の大きさ,ギア比=競業サイトによって変えることも重要です!これは10万ぐらい稼げてからで大丈夫。三か月は小さな歯車作りましょう♪

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!

 

もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

トップへ戻る