アフィリエイトの将来性

これからのアフィリエイターに求める資質とは何でしょうか?

ネットビジネス,今後,将来,見通し

人は何かを始める時すごい勇気がいるものです。最新情報と聞いては『まだ機が熟していない』としり込みし、バブル再来と聞くと『今度は既に乗り遅れた!』そう言い訳をして何もはじめられないのです。

 

アフィリエイトも人によっては今更?

 

という意識が働くし、なんか検索エンジンの結果に右往左往しそうだからやめておこう・・・。そう諦めて足踏みしている人もいるかもしれませんね!

 

そんな人のために、ここではアフィリエイターがこれから目指すべき将来像についてお話しして行きたいと思います。「ネットで稼ぐのは厳しくなった!」「努力しない人は稼げない!」確かにその通りではありますが、既得権がこれほど少ない分野はないのです。では今までの現実と今後の予想、そしてどのようなサイトを目指すべきか?その方向性を分かる限り説明します

 

ネットビジネス,今後,将来,見通し


リピーター獲得のユニークさのための考え方

ネットビジネス,今後,将来,見通し

業界が成熟するに連れて、一見さんだけのビジネスというのは長続きしませんよね?一発屋の歌手と同じで、一曲売れたらそれで終わり。ネットビジネスにもこの法則はあてまります。特に物販では初購入のみに料金が発生してしまうので、「売れたらいいや・・・」とばかりに商品だけを前面に押し出す手法が流行りましたが、そうなると一度物を買った人はそのサイトに戻ってくることはほぼなくなってしまいますよ?

 

その結果、沢山のサイトを量産するという面倒な手間が発生。マニアックな商品であれば、もちろんこの手法は生きています。サイトの量産で稼げないなんて言うのはウソで、ニッチナジャンルで20記事位のサイトをを沢山作れば月に1万など難しいことではありません。

 

しかし、リピーターがいないというサイトを目指しすぎると、資産を積み上げるという観点からは効率が悪いとも言えるのです。

 

 

また、量産に目がくらんでしまい、買ってもいない商品を紹介したために、信頼を失って、サイト自体のリピート率が落ちると、グーグルはそこも見ており、検索結果からも下げられるということになってしまうのです。では実際にブログやHPでどのような立場でいるべきなのか?分かりやすく解説しましょう!

 

 

商品は競合他者との比較と新しい組み合わせが必要

ネットビジネス,今後,将来,見通し

まずは形のある物販商品について説明します。美容品,サプリメント,クレジットカード,食品,おもちゃ,アパレル商品などを紹介する際にかつては「口コミサイト」「感想サイト」「評価サイト」などを作ることが個人で勝負する近道だったのですが、

 

最近はECショップ自体が自分のサイトにお客様からの口コミやレビュー記事を募っており、敢えて個人の口コミ経由でそのサイトに到達する手間を省いて、いきなり広告主サイトを上位に表示してしまう傾向にあります。

 

例を挙げると、楽天レビューやアマゾンカスタマーレビューなどがそうです、このような超大手がサイト内でお客様の声を募集していう場合、単純に物販の評価を一人でしても太刀打ちできないのです。

 

かつては一商品を利用して、その効果を毎日UPしていくという、成長記録型のサイトも流行っていたのですが、新商品以外は結構情報にあふれ、有名どころは利用者日記は飽和してきています。(この手法はまだ一定の効果はあります!)

 

そうなると一商品のみの愛用者である場合、当こだわらないと検索結果の上位に表示されることが出来なくなってきているのです。
そこで考えられるのが「競合他社商品との比較と批評です」広告主が絶対やりたくないのが「競合他社商品との比較」でしょう。「トヨタのCM」に「ホンダ自動車」が出てくることが決して無いように、同業他社との比較は自サイトではほぼ不可能です。そこでまずは類似品を細かく比較していくというスタンスが考えらえるのです。

 

この隙間を埋めていくという思考法を持つことが大切です。

 

値段の定義があいまいな物に勝機あり!

誰でも漠然とイメージできる価格設定と言うのは、個人で勝負するとほとんど勝つことができません!(いや、だからこその裏技もあるのですが…)しかし「相場」があいまいなジャンルというのは価格帯で勝負しているわけではなく、その人の価値観によって左右されてしまいます。そのような例を探してくというのも良いでしょう。

 

え?そんなサービス有るの?という分野は知らないだけで沢山存在します。日本にはありとあらゆるジャンルの専門家がいるものです。その人たちを発掘する作業もこれからのビジネスセンスには必要でしょう。例を挙げるならば「マスターカード」が有名ですね?カード(商品の価値を)同提案していくのか?ヒントになると思います。

 

 

 

これは情報商材にも言えますね?○○の方法というもの自体は値段の設定のしようがなく、ユニークな方法論を提唱することで、他人と違ったサイトを作ることが可能なのです。

 

情報商材は実績よりも利用法と失敗例が必要

ネットビジネス,今後,将来,見通し

アフィリエイトで最も稼げる情報商材ですが、ここが過剰な特典合戦になっています。もちろん全否定はしませんが、情報商材を買う人が最も知りたいことは、その商品を利用してどのような変化をしたのか?どんな風に本人が利用しているのか?それをできるだけ具体的に説明していく透明性だと思っています。

 

もう、買うまでは謎のまま!秘密のままというのでは、情報化社会では生き残ることができません!誰かがばらしたら、それは瞬時に拡散してしまうのです。

 

出来るのであれば直接のコミュニケーションも必要です!

ネットビジネス,今後,将来,見通し

文章力がある!サイトの作り方がうまい!つまりユニークさがあるというのであれば、もちろんネットの最大の強みである24時間フル活動できるというメリットを活かして欲しいのですが、自分には熱意はあるけれど、商品紹介のサイトを作り上げる実力も,時間もないというのであれば、購入者と直接コンタクトをとる営業だってあるのです。

 

スカイプ,ユーチューブ,フェイスブックなどはかなり、このリアル感を重視しており、購入者との隙間を埋める役割を果たしていると言ますが、それ以上に効果的だと思うのはやはり、直接の対話ですよね?今はアイパットなどがあるのですから、実際に足をお客さんの所に運んで、自分が作ったサイトから同意の上で購入してもらうというアフィリエイトの手法だってあると思うのです。

 

これなら文章が下手でも熱意は伝わりますよ?本当に売りたい商品が見つかったならば、言葉や身振りであいてに熱意を伝えるというのもありではないでしょうか?

 

ネットビジネス,今後,将来,見通し

 

直接アドレス交換した相手なら、メルマガから買っちゃうと思いませんか?ブログを読んでみたくなりませんか?

 

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!

もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

トップへ戻る