⇒7日間アフィリエイトブログ作成無料講座

作業量の少ないアフィリエイトの手法と稼ぎ方を本音で語ります。

とにか作業時間がとれないから、少ない労力でアフィリエイトの収益を最大化させる方法を知りたいというのはよくわかります。教える側もみんなそう思っているんですよ?


じゃあ何でこんなにもいろんな手法があるのか?というと最終的な到達目標が違うからではないでしょうか?後は生き方の問題だと思いますが私がここ10年間で見てきた中で、ちょっと結論を出そうかなと思います。

作業量が多いか少ないかは実は3点から見ていかないとダメなんです。そこを徹底的に講義しますね!!

目次

アフィリエイトの作業量と時間の関係について

アフィリエイトの最大の特性はレバレッジです。てこの原理と言いますが、人を集める手法、そして人に価値を伝え、販売サイトへと導く方法、そして情報商材のように自分自身で商品を販売するケースで作業量は異なります。

まずは集客について考えましょう。

作業量を減らすための集客法


集客の作業量を少なくするためにはいくつかの方法があります。

  • Facebookやインスタグラム、PPCやYDNなどの有料広告を使う
  • SNS拡散ツールを使う
  • 外注ライターさんを使う
  • アフィリエイターさんに協力を仰ぐ(情報販売の場合)
  • 自然に広まりリピーターが増えるような質の良いコンテンツを作る


私も作業量は少ない方が良いに決まっているので全部試しました(笑)

お金をかけてしまえば集客は簡単ですよね?

ただし収益化が難しくなる。

そのためにはクリックからの購入率が高まるような魅力的な販売ページを制作する技術=販売力が必要になります。

そもそも少ないコストで出稿するためには売れるキーワードを知らないとダメですよね?

そのための練習として私はペラサイトをいくつか作って実力を蓄える必要があると思います。

SNSの拡散ツールも勝手にツールが集客をしてくれるのですが、そのためには魅力的なつぶやきだったり、インスタ用の写真だったり、面白い動画広告を作っておく必要があります。

作業時間を減らすために外注化を取り入れる

次に文字を書いて検索エンジンから集客する方法ですが、10ページのサイトと10000ページのサイトではやはり、集客力に差が出ます。

ただ自分で100000ページも書くのは時間がないのでその作業量を減らすために、別の人に記事を書いてもらうというのが外注化です。

私もランサーズをメインに月に100記事ぐらい記事を書いてもらっていて、その結果私の作業量を減らして売り上げを伸ばすことに成功しています。

外注化は楽ですよ?

後は情報系アフィリエイトの場合ですが、自分で商品を作ってしまい、集客をアフィリエイターさんにお願いすれば、作業量は極端に減ります。

ただ、広めてくれるアフィエイターさんを探すのが大変。

商品名を作るとわからない人が集まってきて法律違反を犯しているわけではないのに「○○詐欺」などを付けてネガティブ集客をされることもあります。

彼らは商品を買ってもいないし、実践してもいないのですが、単に集客のためにやってしまうわけです(社会人としてその生き方を続けるのでしょうかね・・・。)

それでも自分の名前が売れて、商品が売れちゃえば良いと思う人もいるかもしれません。

炎上系のお笑い芸人とかも始めはその戦法で知名度をあげますからね・・・。ただリスクはあります。

自然に広まるアフィリエイトサイトを作れれば最高だが現実は難しい

で一番いいのが作家さんやアーティストさんみたいにものすごいコンテンツを1つ作って後は感動した人が勝手に広めてくれるというのが最高なのですが、これアフィリエイトサイトでは超難しいと思います。

人に広めたい脱毛サイトってそう簡単に発見できないでしょ?

作業量の少ないアフィリエイトの手法と稼ぎ方を本音で語ります。
ジョブえもん

これ見てまじめに転職したいと思う人はいるのだろうか・・・?(笑)でも多分バズって最終的な集客にかける時間は減ると思いますね。

一応見本:下品なので閲覧注意・・・・これ見て脱毛したくなる女子いるのだろうか・・?

作業量と時間を減らすためのセールスに関する考え方

今度は別の軸から考えてみましょう。

100人に見てもらって1人に購入してもらうよりも100人のうち3人、いや7人に購入してもらえれば売り上げは2倍どころっか7倍になりますよね?

と言うことはセールス力が上がれば当然作業量は少なくて済む。そのためにできることはいくつかあります。

  • 買いたくなるような販売ページを作る
  • 何度もリピートしてタイミングに合わせて購入してもらえるようにメルマガを発行する
  • 商品のセールス自体を辞めてアドセンスや楽天、アマゾンにすべて任せてしまう


見たらすぐに欲しくなるようなセールス記事が書ければそりゃ最高ですよね?

デザインセンス、文章力が備わっている人も世の中にはたくさんいます。

たまたまアフィリエイトを知らなかったのに、こういう才能を持っている人がこの業界に来ると花咲きますね♪

ただ、基本的にはそうじゃない。

だったらショップ店員さんがするように、何度も相談に乗ってあげて信頼を高めてセールスするというのが良いのですが、個人個人に答えていてはいくら時間があっても足りません。

アフィリエイトの魅力である1対多数のレバレッジが効きません。

これを解決できるのがメルマガです。

特にステップメールと言うのはいまだに超強力なツールです。

最近はLINEでメルマガの代わりをやっている人も結構います。スマホ時代だから。

セールスが苦手な人はAmazonかアドセンスに任せる

最後は自分で売れる商品を考えて紹介するのが難しいという人は、そこはあきらめてとにかく集客だけに特化して、セールスは相手に合わせて広告を切り替えてくれるアドセンス頼み。

又は関連商品が売れる楽天やアマゾン頼みというのもありと言えばありです。

その場合、集客数がものを言うので、とにかくアクセス重視で、ブロガーさん寄りになるかもしれませんね・・・。
私は集客+アドセンスはAIの自動システムに任せてます。

販売者になって作業量を減らすための考え方


自分が売る側、商品紹介側から、商品やサービスを作る側に立つということまで考えるのであれば、作業量に対する考え方は違ってくると思います。

セミナー、サポート、ツール、ノウハウ販売などいろいろあると思いますが、自分で商品を作り出せるのであればキーワードに縛られることは減るでしょう。

また商品やサービスの信頼度をどうやって高めるのか?
誰にどのような形で売ってもらうのか?広めてもらうのか?


そいうものを考えないとダメですね。

原則アフィリエイトの場合はネットを使ったビジネスを指しますが、集客だけをネットでしておいてセールスは対面のリアルなセミナーで行うという人も多いですよ?

セミナー自体は集客代行会社があるのでそこに任せてしまうという人もいます。

最近うちのメンバーさんも語学系、ダイエット系、音楽系、セミナーなどのコンテンツ販売もはじめてますね♪

意味ない方向に進まないことが作業量を減らす最大の秘訣


で、やっぱり初心者の方が少ない作業量で稼ぐために必要なのは、アフィリエイトとは関係のない無駄な努力を極力しないってことです。
将来自分の実力になって跳ね返ってくる努力以外しないってことです。

努力が積み重なり評価される方向での努力をすることです。

売り上げが伸び続ける方向での努力をするってことです。

前提が崩れたらすべてが終わるという努力をしないってことです

そうじゃないと作業時間は何時まで経っても減りません・・・。そもそも方向性がずれている人は0のまま挫折して時間の無駄遣いで終わるのかもしれないです・・・。

例えば「○○アフィリエイトで稼ぐ手法を売る」というビジネスを考えて販売しても、もともとの「○○」が崩れたらすべてが0に戻って初めからスタートというのはトータルの作業時間が減ってません。

手っ取り早いのはあなたの今の実力と作業時間を元に意味ある形で方向づけしてくれる教材なりコンサルなり、セミナーに行ってしまって軸を固めることだと思います。

正直私も「もう、みんな何やってるのかなー。マジでその行為不毛でもったいない」と思うことが多いので・・・。

もっと楽できるところはコスト計算をして楽したほうが良いですよ?1年で売り上げ10倍ぐらい違うから・・・。

最近の成功例を見ているときちんとマインドマップを作って短中期目標をきちんと立てて自己管理している人が多いかな?

アフィリエイトを本気のビジネスとしてとらえれば、中間管理職のような行為も必要になってくると思います。

自分を自分でどこまで管理できるのか?これが作業量を減らす極意ですね♪

市場は伸びてますが、この間にもライバルは増えてます( ;´Д`)ぐだぐだ無意味な時間を使わないように、頑張って稼いでくださいね!!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問は気軽にどうぞ!お互いメリットがあれば最高ですね!

コメントする

目次