売込み要素をなくした記事の書き方

似ているようで異なるのが販売者の文章と消費者の文章です。

アフィリエイトの記事ってどうやって書けば良いのか分からないという質問が来たので、ここで確認したいと思います。

 

実は元営業経験者ががアフィリエイト業界に参入して記事を書こうと思うと、どうしても販売者側に近い文章になってしまい、売込み要素が強くなってしまうのですが、特にブログアフィリエイトの場合は記事の書き方のスタンスを消費者よりに変えた方が良いと思います。

 

 

アフィリエイト,記事の書き方,売り込み方

 

販売者側の文章と、消費者側の文章の違い、皆さんは明確に意識していますか?

 

 

生活感あふれる記事こそがブログアフィリエイトの記事の書き方の本質!

売り込み色をなくした文章の書き方をお伝えする前に・・ちょっと質問なのですが、みなさんは、小さいころ友達の家にお邪魔すして一泊するといういわゆる「お泊り会」を経験したことはありますか?

 

なぜか友達の家で食べたごはんが美味しい。
なぜか、友達の家で食べたカップラーメンがウマい!

 

実際には大して差がないのに、人の家に泊まって、食べると不思議なくらい味が変わってしまう!!そんなことってないでしょうか?

 

アフィリエイト,記事の書き方,売り込み方

 

家に帰ってから、「ねーねー〇〇ちゃんの家にあったあれが欲しい!!」ってお母さんにねだったりして(笑)

 

実はブログアフィリエイトも同じようなもので、自分の日々の生活感を出すことで、訪問者はまるで他人の家にお邪魔したような気分になり、そこで紹介されている商品が気になって仕方がなくなるものなのです。

 

販売サイドはこのような記事は書けませんよ?

 

「ちの息子がどーたらこーたらとか、旦那が・・・・最近ちょっと」なんていう生活を販売者はする必要はなく(もちろんそんな戦略もあるのですが)

 

商品開発の歴史
商品開発にかかったコスト
商品の効果や効能や機能

 

などを語るのが販売者の努めであり、みなさんも会社で営業を任されたら、そんな商品知識を詰め込んでから営業の外回りに出かけるわけです。

 

でも、これだと他人の家のお泊り感的な意識は全くないですよね?

 

 

商品を作っている本人なら売り込んでも良いのですが、あくまでアフィリエイターは消費者側です。

 

こちら側に意識が回らないとダメなんです。そうしないと売込み要素の強い、つまらない販売者のサブブログに陥ってしまうんですよ!!!

 

例えばですが、

 

その商品を日常のどんなところに使っているのか?
その商品を日ごろ使っていて不満に思った点は?
その商品を買おうと思ったけど辞めちゃった理由は?
その商品より良いものを発見して普段使って気付いたことは?

 

これらのことを普段の生活とからめて記事にしていくことが大切なのです

 

もちろん余計なキーワードを入れてしまうとSEOとして弱くなってしまうのですが、生活感ある記事は本当にクリックの反応率も良いですよ!!

 

ブログアフィリエイトはこのような記事の書き方が向いていると思います。

 

サイトアフィリエイトならばきちんと情報をまとめ上げておくと良いでしょう!

一方で辞書的な意味でサイトアフィリエイトを構築するのであれば、きちんとカテゴリ分けをした特定の情報まとめサイトを作っておくと資産化すると思います。

 

当サイトもそうですが、一つのテーマで階層化構造を作り、訪問者が辞典のように繰り返し使えるサイトにすると、ブックマークをしてくれて、繰り返し商品が売れて行きます。

 

そのためにはやはり100記事以上を初めから視野に入れて、きちんと計画を練り、家を建てるつもりでサイトを作っていかなければなりません

 

アフィリエイト,記事の書き方,売り込み方

 

日々の生活を書くわけではないのですから、サイトアフィリエイトの方は放置しておいても大丈夫!

 

ブログが普段の生活を中心であるならば、こちらは専門知識をまとめておくという意識です。
ドラクエなどのゲームの攻略サイトをイメージすると良いでしょう。

 

もちろん、この記事の書き方が全てではなくって、ミックスしても良いのですが、販売者のページをリライトばかりしていると、どうしてもご本人もつまらない記事ができているのでは?

 

と思うので今回書き起こしました!!

 

皆さんのサイトの方向性はどこを目指しているのか?ちょっと意識してみてくださいね!!

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!
もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

トップへ戻る