アフィリエイト開始時のサイト設計のコツとやり方

アフィリエイトサイトの設計図の作り方を公開します!記事書く前に見て!!

「ああ、もうまとまりなくってぐちゃぐちゃやん・・・・・」って1000回ぐらい言わせるの辞めてください。アフィリエイトというのは記事を書く前に勝負が決まっているんです。何も考えずに100記事更新とか、1万文字書くとかそういう情報だけを信じてもアクセスが来なくて挫折してしまいます。

 

今回は記事を書く前に重要なアフィリエイトのサイト設計について公開します。あまりにも考えすぎると手が止まってしまいますが、反対に何も考えずに日記ブログを書くだけで稼げるほどアフィリエイトは甘くありません。

 

これは物販だけではなく、アドセンスも同様です。

 

グーグルが何をしたいのか?そこが分からないと進むべき方向が見えませんよね?ちょっと立ち止まって考えてください。

 

 

 

  • 売りたい商品を決める
  • 狙うべきテーマとキーワードを知る
  • 大体のカテゴリ分けを決める
  • 1記事当たりの文字数を知る
  • 評価されている見出し構成を知る
  • 挫折しそうなら書いてから構成をし直すのもあり

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

・・・設計図をきちんと作れてますかね?

アフィリエイトはグーグルの意図に沿ったサイト設計をする必要がある

まず始めにですが、グーグルの変動ってネットでいろいろ騒がれているじゃないですか?

 

「もう健康や美容ジャンル、お金にまつわる分野には手を出せない」とか「アフィリエイトはグーグルに嫌われているとか・・・」「正しいSEOとかはそもそもないとか」「文字数は1万文字必要だとか・・・」

 

いや、違うんですよ。そういう目先の議論じゃなくてグーグルがどう考えてどこに進んでいるのか?それをちょっと語ります。ちょっと先にまとめちゃいますね?

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

 

グーグルが作っているのは検索エンジンというAIです。

 

人間の英知を集めた壮大な無料の辞書です。

 

人間の思考と思考をネット経由で正確に素早くつなげるためのサービスです。

 

 

つまりグーグルは脳みそ作ってるんですよ。そこがイメージできてないとサイト設計とかそもそも分からなくなってしまうんです。
みなさんは図書館に収まる小さな書籍、辞書の1ページを作っているんです。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

・・・小冊子を作るのか、大辞典を作るのか?それはみなさん次第ですが、昔はこうやって図書館にしかなかったものがネットで手軽に結ばれたのです。そしてその書籍は恐ろしいスピード増えている。

 

グーグルはこの書籍をAIロボットを使ってあっという間にカテゴリ分けして、時代のニーズに合わせて並べ替えて検索結果に反映しているんですね・・・。

 

 

リンクシステムの理解がそのままサイト設計に繋がる

 

先ほど述べたように、グーグルが辞書だと分かったら、その辞書に載っている1単語1単語の意味、そしてそれの組み合わせである文章の意味をどうやってネットで決定しているのか?それが重要だということになります。

 

これが一般の辞書と違ってwebの検索のやっかいなところで、「ある言葉に対して誰もが抱く共通解」を決定づけるために、グーグルはリンクシステムと言うものを考えました。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

一般の書籍でしたら、特定の試験を受けて合格した大学の先生とか、専門家が大きな出版会社の編集者の目をかいくぐってやっと1語の定義ができるのですが、ネットの場合は誰でも辞書が作れてしまう。

 

図書室に素人が勝手に自分で出版した雑誌をおくことができちゃう・・・。

 

これはこれで大変ですよね?図書室で調べものをしようと思ったら、プロとど素人の書いた本が同じ棚に並ぶんですよ??

 

「スマップ解散の理由」などという定義に関しての答えが誰でも憶測で書けてしまい、さらにwebに公開されて検索出来てしまうわけです。

 

だから情報に優劣をつけなければいけない

 

で、その一つを正しく定義するための解がリンクの数です。一番リンクが多く貼られており、なおかつ人が見た時に滞在時間が長い。そいうのものをグーグルは検索結果の1位に表示していくわけです。

 

これが民主主義的は発想で作られた検索エンジンの正体です。

 

 

 

良く意味が分からない方は検索エンジンに「もも」「モモ」「桃」と打ち込んで。どんな検索結果になっているか?調べてみましょう。

 

2018年現在の「もも」という言葉の定義です。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

2018年の3月21日現在、「もも」と言う言葉の検索結果に対する答えがコレなわけです。

 

よくわからない人にもう少し分かりやすく解説するとですね。私のこのサイト

 

https://nihongo1000.com/ ですね?

 

このドメインに対して「ジャニーズイケメン」と言うリンクが貼りまくられれば・・・・。

 

「ジャニーズイケメン」と検索窓に打ち込まれた時に、私のこのホームページが表示されることになります。

 

 

・・・って言っていて悲しくなったのでこれ以上の解説は辞めます(泣)

サイト設計はキーワードの抽象度と広がりからカテゴリを決定する

情報に対してリンクが多く貼られれば良いというのは分かってもらえたかと思いますが、リンクと言うのは自分で作り出すページとページの関連リンク=内部リンクと、誰かからリンクを貼ってもらった外部リンクに分かれます。

 

まずサイト設計をする場合は「誰かからリンクを貼られやすい状態」を意識するよりも、「自分で正しく言葉の定義をするためにページ同士のリンクを正しくつなげてあげる」という意識を持ってください。

 

つまりちゃんとまとまりのある小冊子を作りましょ?ってことです。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

ほら、歴史の授業で習いましたよね?正しく「江戸幕府の仕組み」を設計しないと説明できないですよね?
これ、検索エンジンも同じことでして・・・。

 

 

みなさんがトップページに付けたタイトルと、カテゴリと、個別記事をリンクで結んで正しく配列させてあげないと混乱しやすいってことです。

 

で、その言葉同士の関連性を見極めるツールもありますので、まずは調べることです。

 

 

江戸の政治→江戸幕府の仕組み→江戸幕府の奉行の配置

 

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

みたいな感じで、抽象度を上げ下げすることによって、自分のブログに何記事ぐらい書いたらいいのか?どれくらい詳しく書けば良いのかが決まってくるんですよ?

 

小冊子の記事数、ページのボリュームが決まるのと同じです。

 

 

関連:垂直展開と水平展開

 

 

みなさん、すぐにブログのタイトルに「サラリーマンが月収100を目指す方法」みたいなものを付けますが、その方法って1億通りぐらいありますので、そもそもタイトルとして大きすぎるんです。

 

それを正しく説明した辞書作れます?何ページ必要だと思うんですか?

 

リンク構造だけ考えてもカテゴリ1000個じゃ足りないですよ?

稼げるテーマ設計は月間検索ボリュームと広告出稿で決める

こういう仕組みが分かったとして、じゃあどんなテーマを選択すれば稼げるのか?それにも悩みますよね?

 

そこである程度指標となるのは、月間検索ボリュームと広告出稿の値段です。ネットの世界のマーケットを知るということなのですが、それを無料で調べる方法はいくつかあります。

 

例えばその一つがグーグルトレンド。これを使えば市場ごとの検索ボリュームの比較が一発でできます。

 

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

市場規模が大きい方が検索キーワードも多種多様ですので、基本的にはこういうジャンルに参加します。

 

 

また、検索ボリュームだけあっても、それがネットの広告と結びついているかどうか?それをチェックしないと「人だけ集めて売るものがない」という悲しい状態になってしまいます。

 

そこで登場するのがキーワードプランナーです。これは先に1000円ぐらい入れておかないと正確な情報がみれません。

 

ただ、無料でキーワードプランナーの代わりに指標を示してくれるツールもあります。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

どんなジャンルやキーワードを中心にまとまったサイトを作っていくのか?それによって売り上げが大きく違うことが分かりますよね?

 

 

アクセスを得た場合売れる商品があるのかも考えておく

同じくですね、せっかくアクセスは集めても、来た人にネットを通じて売るものがないと稼げないですよね?「教の東京の天気」みたいなキーワードで沢山自分のサイトに集客できても売るものがない・・。

 

そうならないように先に売るものとそれに関するキーワードを拾っておきましょう。

 

 

関連:ターゲット設定や商品設定に関して

テーマとカテゴリとキーワードが決まったら1記事の文字数を調べておく

なんとなくテーマも決まった。カテゴリも分かった!後は記事を書いていくだけなのですが、すでに同じような記事を書いている人が世の中にはたくさんいて、その数は毎年増えてます。

 

自分と同じキーワードで投稿する人が数千人単位でいる中で、自分がライバルを抜き、勝ち残るのはキーワードに対する文字数です。

 

つまりそのキーワードをいかに簡潔に分かりやすく、なおかつ専門的に説明できているか?

 

その指標を調べることも可能です。

 

私が推奨しているのはコンテンツスカウターZというもので、どのキーワードに対して何を書いていけばよいのかが一瞬で分かってしまう恐ろしいツールです。

 

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

アフィリエイト+サイト設計というキーワードで上位に入っている10人の平均文字数は7000文字・・・。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

で、見出しは4つで○○を含んでいるなんてことが分かります。これを見て自分がこれ以上書けるのか?考えてみるわけですね。

 

 

関連:文字数と記事数とSEOについて

 

 

見出しもついでにチェックしておけば完璧!

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

上位にあるサイトに見出しもチェックしておきましょう。これは先ほどのツールを使えば一発ですが、そうでない場合も、記事の上部にある目次を調べていけば大丈夫です。

 

この見出しの数=段落の数と、各見出しの中に入っている文字数を見比べて、自分の記事の方向を探っていきます。

 

まったく同じ見出しを真似する必要ありませんが、そのキーワードに対する全体的な方向性は頭に入れておきましょう。

 

 

 

テーマと商品とキーワードが分かったらとりあえず2カラム箱を作る

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

私のは先にカテゴリを作ってしまいます。5つぐらい。そして各カテゴリに5記事以上いれます。もし各カテゴリ5記事分もネタが見つからないのであれば、それはテーマの広がりがないのでカテゴリ数を減らします。

 

先に箱さえ作ってしまえばその中に記事を入れるのは得意な人が多いはず。シリウスはざっと先に完成図が見えるのでそういう意味では便利です。どうしてもワードプレスでサイトを作ると、カテゴリ内の記事がどこに入っているのか?

 

整理整頓ができなくてぐちゃぐちゃな人がいると思うので、慣れるまではシリウス。慣れたらワードプレスで良いのだと思います。

 

スタートする前に、自分だったこのテーマで何記事ぐらい書けるかな?というのはある程度考えておくと行き詰らないです。テーマを広げ過ぎると何時まで経ってもサイトが完成しないすし、また絞り過ぎると記事ネタに困ります。

 

  • テーマが大きいもの・・・サイトアフィリエイト
  • テーマが小中規模・・・ミニサイト
  • テーマが小さい・・・・ぺラサイト

 

と言う感じでキーワードから逆算して記事を入れると良いでしょう。

 

関連:ミニサイトの作り方と参考例

最後は予算と技術と、時間とモチベーションをよく考えてスタート!!

で、ここまでがスタート前のサイト設計なんです。準備を怠ると本番で失敗してしまいます。全体設計ができたら、後はサイトを作るのにかけられる時間を考える。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

  • 忙しいサラリーマンだったら1日2時間。週末に4時間でどこまで進めるのか?
  • その時間配分でライバルの記事更速度に勝てるのか?
  • 時間がない場合は、他人の力を買うだけの予算があるのか?
  • 紹介したツールを使いこなせる技術はあるのか?
  • そして書き続けることにモチベーションが維持できると思えるのか?

 

そういうことを把握してスタートするんです。

 

理想はあくまで理想!やれば道が開けます。完璧を真似しても意味がない。

まあ、でもですね、理想を言うのは簡単なんです!!だって間違ってないし、王道だから。ただ、それができたら苦労しないわけで、だからこそ、いろいろな抜け道というか戦略が発生するわけですね。

 

そういう総合戦略の上にアフィリエイトの世界があるってことです♪

 

私はここでスタートをするか、諦めてとどまるかが全てだと思います。やならきゃ分からないし、途中で身につく技術はめちゃくちゃありますから、そこを楽しむぐらいの気持ちでやったほうが良いです。

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

 

将来性がありなおかつ誰もが気づいていないものがあれば、このような設計などなくてもライバル不在で稼げます。だって検索ニーズもあってライバルもいないんですから・・。

 

2年前に仮想通貨ブログやっているようなものです。そういうものって普段から情報に繊細で自分の人生に方向性に敏感になっていないと気づけないですよね?

 

就職先も20年を見据えた投資みたいなものですし、アフィリエイトをやっていると、そういう投資意識とか情報収集力もうまくなります♪

 

そういうもの含めてアフィリエイトを自分の人生設計の一部に取り入れてくれたらよいなと思っています!!

 

 

アフィイリエイト,サイト設計,やり方,コツ

 

自分の人生は自分で設計しましょ?後で死ぬほど後悔しないように!!

 

というわけでがんばってくださいな♪

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!
もしこの記事が気に入ったらブックマーク・いいね!お願いします(>_<)お礼きっと致します♪  このエントリーをはてなブックマークに追加 
スポンサーリンク

トップへ戻る