⇒ブログ作成7日間講座

アフィリエイトのキーワード選定ツールと使い方のコツ

今回はブログアフィリエイトの中でも最重要項目であるキーワード選定について、無料で使えるオススメツールとその使い道を紹介しようと思います。

  • やっぱり「検索されるキーワード」を元に記事を書く
  • 商品が売れるキーワードを予測して記事を書く
  • 読者の満足度に合わせたキーワードを見出しに入れる

こういうのってアフィリエイトというか、ウェブマーケティング上で必須の知識になってきています。無料版は一部限界もありますが、以下のツールを自分なりに工夫して使い分けてください。

目次

ブログ作成に使えるキーワード選定ツールと使い方

ツール名検索項目メリットデメリット
ラッコ関連キーワードGoogle・bing・YouTube・Amazon・楽天オールマイティ無料ではライバルの強さが分からない
もぐらキーワードgoogle,googleトレンド5w1hの目的の強い語が分かる無料は1日の利用回数が少ない
マイセレクトブログ・各種掲示板・はてブ深い悩みが見つかりやすい関連語は見れない
キーワードツールioグーグル、Twitter、インスタSNSの検索関連語が分かる無料は検索数に制限がある
アラマキジャケGoogle検索ボリュームが分かる関連語が拾いにくい
ウーバーサジェストgoogleキーワード難易度と収益性が分かる無料プランは制限あり
LSI(再検索調査)ツールgoogle見出し予測がしやすい利用パスワードが良く変わる

ラッコ関連キーワード

まず初めに感謝を述べたいと思います。本当に作った方は神ですよ。このツールでどれほどの人が救われたことか・・・。Google、bing,YouTubeにAmazon、楽天までおよそアフィリエイトで使える関連キーワードの9割が入っていると思ってもらって間違いないです。

今でも一番使う無料ツールの1つですが、一つどうしても初心者に難しいのが難易度の選定です。関連キーワードが分かったとしても、そのキーワードにどれくらいライバルがいるのかが見えない。

めちゃくちゃ競合に突っ込んでいってしまうという危険があります。既にツールは広く広まっていますので同じキーワードで記事を書く人は後を絶たず・・・。これ1つでこと足りるのですがライバルを抜くという意味では難しいツールではあります。

関連:ラッコツールズの使い方について基礎から応用まで解説

アフィリエイトの穴場キーワードが探せるモグラツール

キーワードには検索者の気持ちが宿っており「何かを知りたい」と思って調べるものですが・・。実際は本当のニーズに検索者がまだ気が付いていないことがあります。特に検索初心者は調べたい情報に対して正しいキーワードを打ち込めないものです。

そんな人を捕まえるのが「モグラキーワード」です。

これは「誰が・どこで・いつ・どうやって」など中学校英語で習った5w1hに関連したキーワードが探せます。

よく「検索意図(調べる人が本当に知りたいこと)を考えよう!」なんてアドバイスをされると思いますが、それを発見するためのツールですね。

マイセレクトは深いお悩みキーワードが発見できるツール

そんなもの「ググレカス」なんて言われて一生懸命調べても、検索上位に自分が知りたいことが見つからない場合どうするか?

そこで取る行動が無料の質問掲示板や専門的な情報発信者へのコメントです。

それをパパっと探せるのが知恵袋なんですが、マイセレクトは知恵袋以外にも大手の有名掲示板のお悩み投稿を探せます。これはテーマ選びの時にも使って欲しいです。

ネットに沢山質問があるってことは、お金になる可能性が高いってことです。

keytoolはインスタやTwitterの「#」検索ボリュームがチェックできる

キーワード選定ツールの中でもTwitterやインスタ検索ができる珍しいツールで、これは貴重。トレンドって検索エンジンに評価される前にSNSに出回ったりします。

自分が狙っているジャンル関係の「#」検索は事前に調べておきましょう。

検索ボリュームを調べて無駄打ちしないキーワード選定をするツールもある

アラマキジャケは、キーワードごとのおよその検索ボリュームが分かります。頑張って検索1位まで持って行ったらどれほどのアクセスのがあるのか?予測を立てるために使います。一生懸命書いてもほとんどアクセスがないのではもったいないですからね。

キーワードの収益性を見極めるのがウーバーサジェスト

稼げるキーワードというのは当然ライバルがいますし、お金を払っても1位を取りたい人だってたくさんいます。それを発見できるのがウーバーサジェストですね。キーワードプランナーの無料版ということで、一部制限はかかるもののある程度までは見極められます。

本当に100記事書いても全く歯が立たないところで勝負するのはもったいないですよ?

キーワードプランナーの代用ツールの使い方

再検索キーワードツール

これは、一度調べて満足がいかないキーワードについて読者がもう一度ググりなおした結果ですね。それを調べるためのツールです。

使い方動画で出てますね。これを見出しに入れると良いかもよ?ってことです。

無料のキーワードツールに頼り切るのはリスクもある


これだけ紹介すると「あ、もう全部無料でいいや!」ってなるかもしれませんが、無料に頼り切るのは危険です。

無料でツールを公開している人にも作成コストや維持コスト・プログラミングのバグ修正コストが必ずかかっています。

いわゆるランニングコストと言われるものですが・・・。

  • 多くの人に使ってもらうことでドメインを強くし別の有料サービスを展開する
  • まずは無料で市場を独占して一部を有料化する
  • テストマーケティングの意味で無料ツールを開放する


無料版はいつなくなっても良いように普段から備えるべきです。

実は他にも紹介したいツールがあったのですが、かつては無料でも、今は高額になったり開発終了のために書けなかったものもいくつかあります((+_+))

グーグルクローム拡張機能にあるキーワード選定ツール


キーワードツールを使うのがメンドクサイ人はグーグルクロームに拡張機能を入れて調べることも可能です。以下は私が入れているもの。

いちいちツールにアクセスしてキーワードを打ち込まずに使えるものもあって便利です。


拡張機能を切りかえてうまく使いこなしましょう。

エクストラクトフレーズで再検索キーワードを拾う

こちらでは再検索キーワードが分かります。キーワードを入れても答えが不十分な場合グーグルは検索結果の一番最後に関連検索キーワードを出すと思います。それを調べるのに使います。

キーワードサーファでボリュームチェック

多分初心者に最も使いやすいクロームのツールだと思います。関連キーワードと検索ボリュームが同時に表示されるのでおおよその目安がつかめます。

クロームの場合は同じような機能を持ったツールを入れると一方が表示されなくなったりするので注意してください。

初心者向きのキーワード選定方法は主に3つ

では実際にどんな点に中止てキーワード選定ツールを使いこなせばいいのかをお伝えします。これって集客とセールスの手法によって分かれてしまいます。

物販商品を売りたい場合のキーワード選定

point
商標から逆算して考える

まずは基本ですが、とにかく先に商品を決めてしまった方が売り上げに繋がりやすいです。売るものが決まっていなければどんなキーワードで集客すればいいのか毎回迷いますよね?

point
何を売りたいのか?

まだはっきり売りたいものがない人でも「扱うジャンルと商品候補」は目星をつけておきましょう。アクセス来ても売れない人は売りたいものから逆算していない人が多いです。

point
どんなキーワードで集客したら商品利用者の満足度が高いのか?

あまり購入意思と関係ないキーワードで集めたり、検索者のニーズから離れ過ぎたキーワードで集客して強引に広告を貼ると嫌がられます。「この検索でヒットした人は、この商品喜ぶだろうな?」ってことは常に考えましょう。


関連:物販アフィリエイトの商品選定について

トレンドに便乗してアクセスを稼ぎたい場合のキーワード選定


続いて第二の策としては、ブームに乗りかかってアクセスを稼ぐためのキーワード選定をします。主にアドセンス狙いの人が使いますね。

  • 新しいウェブサービスであるのか?
  • ウェブ広告が出しやすいジャンルであるのか?
  • 今後も成長が予測されているのか?


アクセスだけ集めるよりも、ウェブ広告を出しやすいジャンルが良いですね!仮想通貨・電子マネーなんかが典型的ですけど、ああいうので当たるとアドセンスが1日1万を超えることはザラです。

商品を考えなくていいというメリットもあり、普段から意識しておきたいところです。

生涯勉強したいジャンルのキーワードを集めるために利用する


なんだかんだ言って王道中の王道ですね。アフィリエイトの勉強以上に重要なのがジャンルにおける専門性です。ココを磨けば例えSEOで上がらなくてもSNS、ほんの少し予算を使ってリスティング広告を出して認知してもらうことも可能です。

自分に趣味や特技があったらそれにこだわりに抜いてニッチな商圏で稼げるのもアフィリエイトの最大の魅力です。

「関連キーワードなら全てカンニングペーパー無しで答えられるぜ!!」ってなればやっぱり人がついてきますよ!

関連:年間持つ資産型アフィリエイトブログの作り方

キーワード選定が身についたら、最低限のSEO対策も重要です


ライバルが少なく売りやすいキーワードが見つかっても、それを検索エンジンに正しく伝えるサイト構成、記事構成を知らなければ、同じキーワードでもアクセスが大違いです。既に無料のツールは周りのライバル全員が使っていることを前提に、プラスアルファの知識を身に着けることも重要

  1. 個別記事タイトル
  2. 見出しタイトル
  3. カテゴリ分け
  4. 被リンク


この4つの要素も学ばなければ行けないので、単にキーワードがわかるというだけでは勝負できないってことです。

関連:個人アフィリエイターのためのSEO対策17選

ただ、あくまでSEOというのは相対的であり、ライバルさえいなければ多少文章がおかしくても上位表示できてしまうのも事実。うまく当たったらそれを展開して是非とも自分なりのキーワード選定とライティングの技術を最後には身に着けてください!

私もまだまだ道半ばなのでどんどん研究しようと思います!!

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる