⇒7日間アフィリエイトブログ作成無料講座

ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集

今回はワンカラムワードプレステーマを比較したいと思います。また、1ページの訴求力を高めるための最低限の機能が備わっていた方が作業負担がグーンと減ります。

私もコンテンツ販売ページはいくつかテンプレートを使いABテストを重ねてきまた。その結果を含めて正直に解説していこうと思います。

目次

ワンカラムテーマのデメリットと注意点について

まずワンカラムテーマを使うデメリットですね。

  • PCからのアクセスが多いジャンルの巡回が悪い
  • サイトの運営年数やボリュームをPRしにくい
  • 1ページに多くの情報を入れすぎると読者が迷ってしまう
  • サイドバーがない分情報の整理整頓が必用
  • 記事のボリュームがないと品質のわるいサイトに見えてしまう

このようなリスクはあります。ワンカラムで作った場合人は1ページしか見てくれません。

  • 「長年専門的に継続してるんだな?」
  • 「次もリピートしてみたい」
  • 「他に何を書いているんだろ?気になるな!!」

こういうファン化ビジネスには不向きだと思います。絞り込まれて突き刺さるコピーライティングとセットであるというのがこのスタイルの前提条件です

コンテンツ販売向きのワンカラムワードプレステーマ比較

テーマ名値段(税込み)デメリットメリット
LIQUID PRESSワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集10890円動画ヘッダーが作れないブロックエディタで超簡単
Grazioso19800円ボタン機能が標準ではないパララックスデザインがきれい
Luminous8999円1ドメインのみで利用可能動画+オシャレなデザイン訴求
OOPS!(TCD048)19800円文字が中央ぞろえになるページの追加がめちゃ簡単

リキッドプレスは初心者にも設定が優しい

ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集

こうやって購入者ようの専用マニュアルもくれるし、パパっとワンカラムのおしゃれなテーマを作るのには最適です。

  • サンプル用のLPデーターをダウンロード
  • 固定ページに見本サイトができる
  • アレンジしながらオリジナルのものを作り上げる

ひな形が用意されているのがこのテーマの最大のメリットだと思います。後はテーマ専用のブロックエディタアイコン・ボタンも非常に使いやすく、簡単にクオリティーの高いページが量産できると思います。

動画ヘッダーを作りたい人はそれ以外の会社が良いと思います。

Graziosoはスマホでも画像が切れに動くパララックスデザイン

ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集

PCだけではなくスマホにも動きを入れた綺麗なワンカラムテーマを気軽に作れるのがこれです。背景に動画・及び透過した画像を自由に組み合わせて入れることができるので、異空間に迷い込んだような演出が可能です。

文字も非常に打ちやすく、ブログ機能も備わっているので分から無線用ブログとして使うのもアリかと思います。

デジプレスは見た目最強の1カラムが作れます

ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集

もうね、見た目だけだったら圧倒的にこの会社が最強!って私がめちゃ好きだということもあるけど、個人では到底作れないようなものがこのテーマを採用するだけでつくれてしまいます!!

とはいうもののですね、ワードプレス初心者にはめちゃハードルが高い。ブロックエディタ採用でカスタマイズが楽になりましたが、それでも専門用語も多く、設定に苦労すると思います。

プログラミング言語ある程度分かる人、とにかく「すげー」って言わせたいウェブデザイナーさん、コンテンツ販売者には向いていると思います。難易度が高い分利用者が限定されており、他の人とかぶらないというのがポイントかな。

TCDシリーズの1カラムは設定が楽だが癖もある

個人ブログだけではなく多くの企業が採用するTCDテーマですが、ワンカラムにも力を入れており、素晴らしいものが増えてきました。ページビルダーという機能があるので、ワンカラムのどこにどんなデザインを配置するのか感覚的に分かります。

ただ、私がやっている限り文字装飾を仕様とすると結構難しいです。これまた超初心者向けではないですね。PRページがめちゃくちゃカッコよく見えるのですが、それはテーマの力より写真のすばらしさということもあります。

1つぐらい持っていて損はないとは思います。

情報系だけではなくコーチング系・教育サービス・士業サービスなどをコンテンツ化して売りたい場合は上記のようなワードプレステーマが非常に使いやすいかと思います。

PPCアフィリエイト向きの1カラムテンプレート

続いてPPCアフィリエイトに使いやすいな?と思えたワードプレステーマです。

じつはこれおすすめなのあまりないんですよね・・。

招き猫:PPC専用に作られたから

招きね猫はPPC専用に作られているのでとにかく量産が早いです。感覚的にはシリウスに匹敵します。もともとあるコードをコピペしてあとは販売ページの画像を当てはめてキーワードごとにひたすら量産。

素早く勝負しなければいけないので、量産するならコレですかね。

→ 招き猫はコチラ

THEトール

トールは2カラムでも行けるんですが、一番力を発揮するのは条件検索付きのPPCだと思います。SEO対策の設定がほぼいらないのがメリット。

クラシックエディタでもブロックエディタでもサクサク作成できます。

THEトールはコチラ

私ならやっぱりトールをPPCに使いまわしますね。

大量キーワード出稿していち早くアフィリエイトリンクを踏ませ、ページ移動っさせるいわゆる「ブリッジページ」に関しては今後もどんどんGoogleの規制が厳しくなってくると思いますが、稼げている人はスケールして7桁どころか8桁行っています。

資金に余裕があれば!

1カラムの機能があるワードプレステンプレートでおすすめのもの

まず、多くの方が考えるのが2カラムテーマの中にあるLP作成機能はダメなのか?全部使いまわせるし一石二鳥ではないのか?ということです。

当サイトでも紹介しているように無料・有料のワードプレステーマは沢山ありますし、固定ページを作ってちょっとカスタマイズすればワンカラムのテーマは作れてしまいます。

正直初心者の方はLPだけ作れてもどうせアクセス来ないわけですし、2カラムからを推奨しています。

ただし、訴求力を高めて、1ページ1ドメインの完結型テーマを作ろうと思う意外と2カラムのテーマ改変はめんどくさいんですよね。

実はブロックエディタが登場したおかげでかなり改善されていますが、私が使ってみた限りは以下のような問題点がありました。

  • LPのヘッダーサイズが合わない
  • アイキャッチや、段落ごとの写真素材の挿入バリエーションが少ない
  • 透過背景に文字を重ねるなどの技が使えない
  • 相当カスタマイズしないとパララックスデザインが使えない

ただ、そこまでワンカラムのデザインにこだわなくてもよい。スマホで見たらデザインもそこまで変わらないし・・より広く使いこなしたいという方もいるかと思います。

アフィリエイトという枠組みで考えた場合おすすめのものは以下の通り。

DIVER:1カラムのLPもCTAも作りやすい

ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集

超初心者が文字装飾、デザイン装飾も含めてオシャレなものを楽に作りたいと思うのであればDIVERがおすすめです。余計なプラグインを入れずに全部ついているから使いやすいと思います。

SWELLはブロックエディタで1カラムが簡単に作れる

ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集

ブロックエディタが使えるのであれば、というか使えなくてもスウェルめちゃ簡単にLPつくれます。ヘッダーは幅を変えたり、オシャレな装飾を入れるのであれば関連プラグインを入れた方がよいので、あくまでブロガー向きのテーマではありますが、おすすめです。

トールはテーマの着せ替え機能で使いまわしが簡単

ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集

トールの場合はLP専用に機能があるわけではなく固定ページに、標準装備の機能を加えて自由にカスタマイズする感じです。

目的を明確にして1カラムテーマは使い分けよう!

ワンカラムのテーマを使うのであれば、目的を明確にしておいた方が良いです。

基本的にはセールス主体で使いまわすことになるかと思います。

そそもそも集客ができていない状態で使うのは意味がありません。

反対に集客が出来ているのであれば気合のLPを作れば成果が一気に跳ね上がることもあります。

全ては使い分けですので、メリット・デメリットを考えて検討してみてください!!

あわせて読みたい
ワードプレステーマでPPCやコンテンツ販売におすすめはどれ?1カラム特集
後悔するな!初心者向けおすすめ有料ワードプレステーマの比較 後悔したくないあなたへ!折角ワードプレスを使うのなら無料のものではなくオリジナリティーの高い有料のワードプレステーマをアフィリエイト用に使いたい、でも実際に設定が難しくないの?カスタマイズは簡単なの?SEO対策に差がつくの?そんなことを真剣に教えます。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問は気軽にどうぞ!お互いメリットがあれば最高ですね!

コメントする

目次