アメブロのSEO対策について本質の答えと外してはいけない設定をお伝えします

結構みなさんワードプレスを引き合いにだして、アメブロを解説していますね・・。どちらもやっていて検証している人は少なし、ぶっちゃけ頑張って書いたワードプレスの記事を数記事アメブロとかNOTEに引っ越して愕然としている人もいるはずです・・。

 

SEOって「検索エンジン最適化」であって、「読者最適化」ではないところに全ての問題が発生しているのだと思います。もし、SEOが読者最適化であったら、facebookやTwitter、インスタの画像がヒットしてもよさそうなもの・・。

 

 

でもそうならない理由はグーグルの起業戦略にあるわけです。

 

そう言うことも含めて考えないと表面的な情報に振り回されるのではないか?と思っています。

 

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

 

ではアメブロSEOについて順番に解説していきます。

アメブロのドメインパワーとSEOの関係について

アフィリエイトをやっているとどこかでドメインパワー、ドメインランク、ドメインエイジなんて言葉を聞いたこととあるのではないでしょうか?

 

  • 運営会社がどんな人から支持されているのか?
  • どれくらい長い間支持されているのか?

 

 

コンテンツの指標と共に大きな評価基準になるのですが、アメブロは結構高い。

 

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

無料ブログ全般に言えることですが、親分の力を借りることによって子分が早めに成長するというのが最大のメリットです。

 

ただ、いくら親分がすごくても、子分の内容=ブログの内容がしょぼかったら、流石にグーグルも長くは評価してくれません・・・。ただ、素早くGoogleに読み込ませ、検索結果に出すという意味のSEOならばアメブロは有利に働くんですね。

 

繰り返しますが、SEOは検索エンジン最適化といういみです。Googleは利益追求団体の企業運営のサービスであり、公共事業ではない。つまり、読者最適化ではないんです。

 

まずはアメブロ使ってるだけで、ちょっとだけ上位表示に有利になるよ?ってことです。

アメブロでできる構造化SEO対策の問題点と最低限やっておくべきこと

続いて構造化とSEOという観点でお話しします。

 

コンテンツSEOにも近いのですが、要は読者が見やすい形にウェブサイトが整理整頓されているか?という点での評価ですね・・・。

 

 

ココに関してアメブロは・・・微妙です(笑)

 

 

まず、構造化に対しで一番の評価基準をどう考えるか?

 

 

  1. 読者が調べたたことに最短最速で対応する構造になっていること
  2. 読者がはっきりと問題を意識しないことに対しても答える形になっていること
  3. 読者の課題を広げ根本的な解決策へと導くこと

 

この3点が重要だと考えいています。

 

 

検索エンジンというのですから、検索したことに対してパット答えが返ってきて欲しい。

 

できれば初回検索時の1クリック目、どんなに多くても3クリック以内に自分の知りたいことにたどり着きたいわけです。

 

そのためには最低限以下の三つ。

 

 

  1. 正しいタグ(見出し配列)になっている
  2. 個別ページやトップページから最短で情報にたどり着ける構造になっている
  3. 分かりやすいカテゴリ分けが行われている

 

ココに関してアメブロは欠点があります・・・。

 

  • まず、トップページの作り込みが出来ないので、トップページから個別ページにたどり着くのが難しい
  • カテゴリのデザインも制限されているのでカテゴリ内の記事が探しにくい
  • 広告が多く余計な情報が記事内に大量に入り込む

 

このようなデメリットから「アメブロはダメ」作り込むならワードプレスという説が出ます。

 

確かにアメブロに記事を増やせば増やすほど、どこに重要な情報が入っているのか探しにくくなります。

 

これは良くないですね・・。

 

食べログ・価格コム・マイベスト・アットコスメなどを見てもらえれば分かりますが、条件比較がきちんとなされて、素早く情報にたどり着ける構造をアメブロで作るのはほぼ不可能でしょう。

 

構造的には問題があります。

 

 

アメブロできることは3つぐらいです。

 

見出しをきちんと入れ、意味段落ごとに情報をまとめる

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

まずは最低限見出しは入れておきましょう。デザインに難点があったり見出し装飾とかがやりにくいのですが、意味ごとにまとまった見出しを付けるのはSEO効果があります。

 

 

記事にあった「#」を入れ言葉の関連性を強める

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

アメブロの場合は記事テーマにあった「#」が自動でおすすめされます。3~5個入っておきましょう。

 

 

カテゴリを決め、情報を分かりやすくまとめる

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

構造上見にくいのですが、それでもカテゴリ分けをしておいた方が読者が素早く情報にたどり着きます。

コンテンツの影響力及び信頼度とアメブロのSEO対策について

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

続いてコンテンツの影響力と信頼度の関係からアメブロのSEOを見ていきたいです。

 

この際はっきり言わせていただきますが、著作権という制限がなければコンテンツ自体にはオリジナルだろうがコピーだろうが差はありません。

 

 

むしろあったら困ります。

 

学校の先生のオリジナル原資(テスト問題)は大量にコピーされて生徒に配布されるわけですが・・・・始めにもらった人と後にもらった人と内容が変わっていたら困るわけです。

 

生徒にとっては1枚目のコピーだろうが、100枚目のコピーだろうが同じ価値のものに感じるはずで、どれがオリジナル原本だったかなんて区別がつくはずもない。

 

これと同じことがウェブ上では多々起こります。

 

  • 完全に独創的且つ、革新的な1次情報
  • オリジナルの情報に独自の情報を追記してアレンジした二次情報
  • コロンブスの卵のように情報を別の視点からみた二次・三次情報

 

YouTubeの切り抜きなんかはそうですが、もともとの情報(これすら他人の意見のアレンジだったりします)を公開しても、読者にとってメリットがあればそれは価値があるという意見も出てきますね。

 

そういうウェブの性質の中で、どのようなコンテンツを最大評価し、検索エンジンとして1位に持ってくるのか?という考え方の一つに「社会的な影響力」があります。

 

  • どんな人から支持されているのか?
  • 周りにどんな人が集まっているのか?
  • 集まっている人の信頼度はどうなのか?

 

これを作り出すことで、記事の信頼性の担保ができる。

 

インスタなんかは典型的で投稿されたものに「沢山のコメント」「いいね!」がつき、フォロワーが増えているとそのコンテンツを優先的に上位に持ってきます。

 

ある程度グーグルSEOも同じような理論があるのではないかと推測します。

 

ここでアメブロはソーシャルの性格を併せ持ち、初期の段階でも他人に対しての影響力が働きやすいというメリットがあります。

 

コンテンツありきですが以下のようなことがアメブロでは簡単にできます。

 

 

フォローで他人との関係性を深める

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

きちんと関係する人と交流目的のフォローは良いですね。アメブロは専門家も多いのでつながれますよ!

 

 

 

「いいね!」「#」「利プログ」で同じ情報を結びつける関連度を強める

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

ツイッターのように「いいね!」や「リツイート」の機能があります。アメブロユーザー同士でつながっていきますし、語の関連度もあがるので時間がある時にやってみると良いかと思います。

 

 

 

ランキングで社会的な影響力を証明する

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

社会的証明の一つとして、ランキング機能があります、ジャンル1位になると見てくれる人が必ずいます。相性の良いところには入っておきましょう。

 

公式ジャンルはコチラから

 

 

 

こういうメリットがアメブロにはあるのですが、今問題になっているのはこういう社会的な影響力や信頼度というのが簡単に操作されてしまうってことです。

 

SNSに多いのですが仲間同士・複数アカウントの自作自演。これ、AIは見抜けても人の方が見抜けないんですよ・・・。

 

サービスをどう使うか?は人次第なので、後はみなさんの考え方だと思います。

 

 

一次情報に対する優位性確保のためにping設定をしておこう!

 

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

続いて最低限やっておきたいのがping送信ですね。記事更新の情報を素早くwebに伝える役割を果たします。システム上コピペ記事が蔓延する中1次情報はすごく大切です。記事がパクられる前に「自分が先に書いたんだよ?」と証明するわけです。

 

直接のSEO効果というより二次的な面もありますがやって損はないです。

 

 


アメブロとTwitterの連携もSEO効果があるが気を付けるべき点もある

最近はワードプレスの前にまずはツイッターでフォロワー獲得というパターンも見られます。

 

それはそれで良いのですが、実際Twitterって検索に載りにくいので、優先順位をアメブロにおいてアドバイスしています。

 

アメブロの場合は外部連携としてTwitter登録ができます。そのまま「#」だツイッターの方に出るのですが、Twitterだけで見るとちょっとコンテンツが読みにくいという欠点があります。はじめのうちは複数同時にやる時間もないので、まずは連動でOk

 

余裕がある人は別々に運用すると最高です。

 

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い

 

外部連携サービスからすぐにできますよ!

アメーバブロガーはアフィリエイトで稼ぐポテンシャルがある!

アメブロは本来コミュニケーション型のブログです。それを選んで運営しているという方は、ビジネスの根本が出来ているのではないかと思います。

 

 

アフィリエイトは「提携」です。人のコミュニケーションの中で商品サービスと購入者を橋渡しする存在。

 

アメブロでファンが作れる方は、きっとアフィリエイトでも成功します。

 

無料ブログなんで失敗しても時間以外大きな損失はないはずです。

 

 

上記のような最低限のSEOカスタマイズが出来ていないばかりに損をしている方もいると思うので、是非ともこれを機会にサイト構成を見直してください!!

 

 

アフィリエイトランキントップは誰?

アフィリエイトランキングで冷静に比較してください!!
私もゼロから沢山教わって稼げるようになったのです!どんどん吸収比較して吸収しましょう!!

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い



【1週間無料体験】アフィリエイトの基礎講座はコチラ

まずは無料テキストと勉強会で頑張ってください

アメブロ,SEO,ワードプレス,違い
アフィリエイトの基礎講座はコチラから
TOPへ