⇒7日間アフィリエイトブログ作成無料講座

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

なぜかアクセスがあるのにアフィリエイト広告がクリックされない、スルーされて去ってしまっている。アドセンスもアクセスがあるのにイマイチ売り上げが伸びないという人へ!

広告正しく配置してますか?というよりも稼ぎやすい広告選べてますか?

今回は良いサイトを作りながらもイマイチ売り上げが上がらない人に、アフィリエイト広告の配置や選び方を完全にマスターしてもらいます!!

目次

アフィリエイト広告を選んで正しくリンクを貼るまでの流れ

では順番にASPからアフィリエイト広告を選んで正しく貼るまでの流れを図解しようと思います。ついでにオススメの位置や配置についても紹介します。

アフィリエイト広告を貼るタイミングについて

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

アフィリエイト広告をはるタイミングですが、基本的には自分のブログやサイトがグーグルにインデックス(検索結果に反映されること)されてから貼るようにしましょう。

そもそも誰も見ていないサイトにリンクを貼ってもクリックされないし、商品だって売れませんよね?

自分のサイトがグーグルの検索結果に反映されたかどうかはサーチコンソールやSEOチェキを見れば分かります。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

「site:https://nihongo1000.com」のように、自分のブログのURLの先頭に「site:」を付けても構いません。

インデックスされたということはグーグルがこのサイトは検索エンジンに反映しても良いと判断したので、広告を貼ってもOKです。

この数字が0の状態でアフィリエイトリンクを貼るのは辞めておいた方が無難です。

雑記ブログはアクセス解析を見て売れそうなキーワードが表示されてからで十分

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

アフィリエイターは先に広告やジャンルを決定して広告が売れるように逆算して記事を書きますが、一般的なブロガーさんは好きなことを書いて広告を選ぶかアドセンスを貼っておくはずです。

そのような方は、サーチコンソールで上位に来ているキーワードを見てから広告を貼れば十分です。

  • ランドセルぺちゃんこ⇒リメイク案件も売れる!?
  • ビルメン+楽すぎ⇒バイト案件貼ろうかな?
  • 178CMモテる⇒背丈に合わせたファッションはどうかな?

こうやってアクセスを無駄にしないとバカバカ売れます。

審査が厳しい有名広告は上位1ページが出るまで申請しないこと

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

アフィリエイト広告の中では「審査アリ」や「即時提携」となっているものがあるはずです。報酬単価が高いからと言って「片っ端から提携を試みる」というのは絶対にやめて下さい。

広告を貼る前に審査落ちをして再審査に時間がかかります。A8で「審査アリ」かどうかを先に調べて他のASPの同じ広告を探してください。

基本的に1ページ。できれば3位までに広告主が狙っている関連語で入ると審査に通りやすくなります。

記事上部のアフィリエイトリンクは検索1ページ目が出るまで貼らない

特に注意して欲しいのはトップページと記事の上部に貼るアフィリエイトリンクです。迷うくらいならこれは外しておいた方が良いです。

早くリンクを踏ませたい気持ちは分かりますが、かなりの確率で検索順位が下がります。その理由はアドセンスの配置と同じでブログの体裁が整っていないうちに広告を貼るとわずかなPVがすぐに外に逃げてしまう構造になりがちだからです。

あわせて読みたい
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します
【要注意!】グーグルアドセンスの効果的な配置方法を図解 グーグルアドセンスの数に制限がなくなり、試行錯誤しているあたなへ!本当にそんなに数多く貼って大丈夫?クリック率が増えてもアクセスが減る。そんな悲劇を迎える前に、効果的な広告配置とクリック単価を高める方法を図解します。

では続いて各ブログごとにアフィリエイト広告の貼り方を説明します。

アフィリエイト広告種類と選び方のコツ

続いてアフィリエイト広告の種類と具体的な選び方のコツについてですね。

まず、アフィリエイト広告の種類は主に4つです。

種類メリットデメリット使い方
バナーリンク目立つ圧迫感がある上位キーワードの目次下
記事の最後に貼る
テキストリンク文章になじむスルーされるハウツー記事の流れの中に仕込む
メールリンクメールやSNSに流せるアフィリエイトコードだと分かるSNS内の広告として使う
ボタンリンクに入れる
自動配信広告選ばなくても良い計算できず売れにくいPV重視の雑記などに使う
ローテンションバナーランダムにおすすめを表示読者が選びにくいPV多ければたまに・・
地図広告地図の中に入るので自然広告と思われにくい地域系・来店系に入れる

このようになっています。

バナーリンクを貼るコツ

まず一番目立つバナーリンクですが、これは興味のない人に見せると完全に「うざい」広告となります。それを避けるために一番重要なのは検索キーワードとマッチした広告を選ぶこと。

そして検索上位を取ることです。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

今回の記事は「アフィリエイト広告の選び方」ですが高単価だからと言ってこのキーワードで来た人に「まずは楽天カードを契約して広告の選び方を学びましょう!!」

はいコレ! これ! これ!!!

って・・・やったらウザいはずです。たまに1記事の中にしつこくバナーを何個も貼っている人がいますがまず売れないはず。

例外もあるんですけど話し長くなるんで・・。

テキスト広告リンクを貼るコツ

テキストリンクというのはそのまま「文字をクリック」すると広告ページに飛ぶリンクのことです。

アフィリエイトの無料講座はコチラ・・。という感じで文章になじむので圧迫感を与えないのが最大のメリット。文章の流れの中に滑り込ませるのですが、これはハウツー系の結論。手順の途中にはると非常に効果的です。

あるあるパターンでは「アフィリエイトの始め方」の流れの中で「まずは〇〇サーバーを契約する」という解説手順を作りその中に「○○サーバー」のリンクを入れるパターンです。

こぞってブロガーさんやってるんで知ってるはず。

メールリンクを貼るコツ

メールリンクそのものはあまりなじみがないと思います。

メルマガ内に貼るために作ることが多いのですが、初心者の方がメルマガアフィリエイトからスタートすることはほぼないし、実際にメルマガ内に貼られているメール広告は「短縮URL」といってクリック測定ができる別の形になっているからです。

物販や情報アフィリエイトで一番使うのはASPの広告コードを抜いてきて、ボタン画像に挿入するときだと思います。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

メールタイプを選び

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

コードを抜き出してボタンリンクに貼ります。

こんな感じです。今回はリンクは全くこの記事と関係ないので入れてません。

メールリンクは条件付きでSNSに利用が可能

後は今後一番使われると思うのがTwitter・Instagram・YouTubeないに直接広告を貼るパターンです。YouTubeは概要欄に貼ることが可能。

インスタはフォロワーが1万人こえないとだめ。Twitterで入れられるのはAmazonなどかなり制限されているのが現状です。

自動配信広告の貼り方のコツ

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

自動配信広告というのは記事の内容に合わせて広告の内容を自動で変えてくれるものです。一番代表的なのがグーグルアドセンス。続いて楽天のモーションウィジェットだと思います。

最大のメリットは自分で広告を選ばなくても勝手に表示されること。後はリンク切れがないので貼り換える必要がないこと。デメリットは自分で計算しにくいことです。

自動配信広告は基本的にPVとかなり密接に関係があるので「アクセスをいかに集めるか?」を最優先した記事の作りになります。

地図挿入アフィリエイト広告のコツ

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

主に脱毛・エステなどの来店プログラム用ですが、ASPによってはグーグルマップと連携してブログに埋め込んだ地図情報にアフィリエイトリンクを入れることが可能になっています。

かなり広告が限られていますが、「○○の行き方」とか「○○支店」など地域系キーワードで上位を撮れていたら仕込んでおくとよいと思います。あまり対応している広告主がいないのが欠点。

ASPからアフィリエイトコード(広告リンク)を選んで貼る方法【共通】

まずは各ASPからアフィリエイトコードを選んで下さい。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

基本は広告リンク作成って言うところです。広告の選び方もかなり重要なのでそこは別記事で解説してあります。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

基本はEPCと確定率が50%以上の案件で、広告クリック%が5%以上がおすすめ。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

リンク先で複数商品を扱っている場合は、個別の商品を紹介したりもできるのですが、この技で売るのって初心者向けではないです。

ワードプレスにアフィリエイトリンクを貼る方法

まず一番初心者が迷うワードプレスにアフィリエイト広告を貼る方法です。これテーマによって貼る場所が場所が違ってくるのですが、基本これだよ!っていうのから。

STEP
テキストモードからhtmlモードに切り替えて広告を貼る【クラシックエディタ】
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

まず、ワードプレスの記事内に広告を貼る場合はテキストモードからhtmlモードに切り替えます。

記事内にさりげなく貼る場合はテキストリンクがおすすめですが、見出しが終わるごとにバナーを入れて広告の露出度をアップする手法もあります。

この辺は最後に説明します。

STEP
サイト全体に表示する広告はウィジェットを選んでそこに貼る
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

ワードプレスのテーマによってははじめから広告配置が指定の場所に収まるようにできています。まずは「カスタムhtml」と言う部分をサイドバーにドラッグして、そこに広告を貼ってください。

アフィンガーなどはかなりこの画面が複雑なので初心者は面食らうかもしれませんが、基本的には記事下。サイドバー右上に広告を入れてください。

きちんと貼れたかどうか確認しながら設定しましょう。

STEP
プラグインを導入して定位置に広告を貼る
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

つぎにプラグインを入れて、そこに広告を貼る方法です。無料のワードプレステーマを使っている場合は自分でプラグインを入れないと、共通の広告が貼れません。

STEP
ブロックエディタは「htmlブロック」を選択して広告を貼る
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

クラシックエディタからブロックエディタに切り替えた人もいると思います。その場合は「カスタムHTML」のブロックを選んで貼ってください。プレビューでそのまま広告が見れて便利です。

中上級者は広告クリックを計測するためにプラグインを使う

上位サイトを見ていると広告で稼いでるっぽいのにASPのリンクが見えなかったりしますよね?

「あれ?広告コードが見れないんだけど・・特別単価案件かな?」「それとも業者のSEO対策かな?」「単なる善意!?」

・・・って大抵違います(笑)

多くはプラグインで制御していますので簡単なやり方を解説します。

STEP
Pretty Linksというプラグインを入れる
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します
Pretty Links

探したら有効化しましょう。

STEP
アフィリエイトコード付きのURLとリンク名を決める
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します
STEP
ショートコードを記事内に貼る

後はショートコードを貼ればリンク先が計測できます。

どこがクリックされたのか分かるし、リンク切れの場合はプラグイン上で切り替えればよいだけです。一部の有料ワードプレステーマはこの機能が初めからついています。

無料ブログにアフィリエイト広告を貼る方法

つぎに無料ブログですね。これまたブログサービスごとに広告の貼り方が違います。基本的にはワードプレスと同じですよ?有名どころを紹介します。

アメブロにアフィリエイトリンクを貼る方法

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

アメブロは頻繁にルールが変わるのですが、amebapickというアメブロと既に提携しているASPのみを複数使うことができます。

Amazon・楽天・ヤフーショッピングなどはそれぞれ商品を検索してそのままリンクボタンを押せば埋め込めます。いちいち複数のASPにログインしなくていいのでこれは楽!

アメブロにA8ネットや他のASPのリンクを貼る方法は?

結構コレも聞かれるんですけど・・直接は無理なので一度別のドメインのURLに飛ばしてそこにA8のリンクを貼るという流れになります。

その場合ですがまた2パターンあります。

  1. 記事内に直接リンクを入れる
  2. フリープラグインやフリースペースを使って誘導する

直接記事内からリンクを貼る場合は投稿画面でリンクボタンを押せばそのまま挿入が可能です。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

もう一つは画像バナーを作ってしまい、そこにURLを入れて今度はテキストモードで貼るという3ステップです。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

こんな感じで画像リンク作ります。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

それをフリープラグイン・フリースペースに貼ります。

はてなブログにアフィリエイトリンクを貼る方法

つぎに初心者におすすめのはてなブログの広告の貼り方ですね。記事中に広告を入れたい場合、同じくhtml編集に切替で広告を貼ります。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

アドセンスも物販もはてなブログはそのまま記事に貼れてしまって便利ですね。ただ、全記事の上下やサイドバーに広告を入れたい場合は要注意。デザインから設定します。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

テーマによってはスマホは個別に設定します。基本的にはレスポンシブデザインを選んでください。

あわせて読みたい
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します
【保存版】はてなブログアフィリエイトの始め方!広告の貼り方と収益化 アフィリエイト初心者はアメブロか、はてなブログからスタートした方が挫折しにくいって知ってます?カスタマイズが苦手でも、用意されたテーマをちょといじれば大丈夫!楽天・アマゾン・アドセンスを組み合せれば高収益化も可能です!規約を守ってしっかりとしたサイトを作ってみましょう。

fc2ブログにアフィリエイトリンクを貼る方法

fc2ブログにアフィリエイト広告を貼る場合は特に気にせずにそのままアフィリエイト広告を貼ることができます。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

記事の特定の位置に広告を貼りたい場合はフリープラグインを使います。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

記事下に共通で広告を貼りたい場合はテーマに合わせてhtmlを編集しなければなりません。

アフィリエイトに特化した有料テーマを使うと良いでしょう。当サイトもフリー版のFC2独自テーマ配布してます。

シーサーブログ・ファンブログ・サクラブログの場合

これらのブログも記事内にそのまま広告を貼り付けて大丈夫です。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

全記事共通で広告を貼りたい場合はデザイン設定から「自由形式」を選択してそこに広告を貼ります。ただし、記事下に広告を入れたい場合は同じくhtmlをいじる必要があります。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

超初心者の方は難しいと思うので、有料のテーマを使った方が良いでしょう。

そもそもシーサーブログでアドセンスなどはオススメしませんよ?アフィリエイトにシーサーブログを使うメリットがありません。

Amazonや楽天のアフィリエイトリンクの貼り方について

続いてアマゾンと楽天ですね。ちょっと分かりにくいAmazonから。無料ブログなら大抵はAmazonと連動しているのでわざわざAmazonアソシエイト使わないと思うのですが念のため。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

リンク作成ボタンを押したら、後は好きな広告の種類や指定されたサイズからバナーを選びます。指定以外のサイズにすることはできません。

後で紹介する2つのプラグイン使った方がいいです。

楽天は公式サイトが基本事項を紹介しているのでコチラを紹介します。

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

⇒ 楽天アフィリエイトリンクの基本的な貼り方

ただ、技術的にはもう一歩上のやり方があり、私はこれを採用しています。

あわせて読みたい
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します
楽天ブログで1万稼ぐやり方を解説!稼げない人はこの方法で収益化しよう! 楽天ブログというのはアクセスさえ集めればかなり楽に稼げると思います。アフィリエイト初心者にもおすすめの手法を暴露してしまいましょう(笑)

こんなのやると月に1万まではめちゃ早いと思います。

Amazonや楽天リンクをスマホからはみ出さずに綺麗に貼る方法

Amazon・楽天を貼るとスマホからはみ出てしまうって言う人は、プラグイン使った方がいいですね。

  1. Amazonアソシエイトポスト
  2. ヨメレバ・カエレバ
  3. リンカー

この3つですね。

初心者にはリンカーが優しいと思うのでこれ使ってください。

リンカーの使い方まとめ

アフィエイトリンクのおすすめの配置や位置はどこ?

アフィリエイトの商品リンクの配置ですが当サイトでは繰り返し説明しているほど重要なわけで・・・「アクセスキーワード」「集客方法」によって適切な位置が違うとうのがまずは結論。

  1. 購入意欲の高い人を集められている場合⇒記事上・見出しごと・記事下
  2. 商品の購入意欲はないがお困り度が高い場合い⇒自然な流れで記事下
  3. トレンドなど一瞬でアクセスが下がる記事⇒記事上・見出し下など目立たせる

この3つなんですよ。ただ、売れるキーワードで上位表示させるのがそもそも難しいし、多くの初心者の方は売れるキーワードって何か?ライバルが少なめのキーワードで商品を売るためのライティングって何なのか?

それが分からないんじゃないかと思ってます。

だって相談を受けた時に聞いてみると、「なんとなく広告選んだ」とか「報酬高そうだから選んだ」って言う人が大半だもの。配置だけの問題じゃないんです。

  1. そもそも集客ができない
  2. 売れる広告が選べない
  3. 売れる広告でさえクリックされない
  4. 広告はクリックされるが売れない

上からやべー順番です。

ここを一つずつ自力でやるならググって調べて計測して身につけなければいけない・・・。しかも上位サイトや人気の動画は古かったりする。

コンテンツを作る側も特に売り上げにつながらなければ例え上位に自分の記事があっても放置する・・。

というわけで結構初心者がアフィリエイトを独学で学ぶのって大変なんですよね・・。

あわせて読みたい
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します
アフィリエイトで商品が売れない理由はコレ!8つのポイントをチェックしよう 初心者アフィリエターさんに多い悩みが、幾ら記事を書いても物が売れない?ペラサイトでも一位表示すれば稼げるって聞いたのに?というものがあります。ではどうして一生懸命記事を書いているのアフィリエイトリンクがクリックされないのか?その改善方法もお伝えします。
あわせて読みたい
【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します
アフィリエイト広告がクリックされない?クリックされても売れない理由と解決策 ある程度アクセスは来るようになって、インプレッションも上がり、アフィリエイトリンクもクリックされているようだけど、どうしても最後の購入に至らない場合の対処法です。その商品が売れない理由とは?

アフィリエイトリンクは貼った後に計測して見直すことが超重要!

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

ある程度記事が増えてきたら、みなさんのアクセス解析キーワードをもう一度良く眺めてくださいね。

広告クリック率が0.1%を下回っていたら広告か記事内容を変更してあげると本当に売上が倍増します。

  • 実際にどんなキーワードでお客さんが来ているのか?
  • そのひとにどんな商品を提案したら買ってくれそうか
  • 既に商品を持っている人が来ていそうな場合は別商品紹介
  • 迷っている人には、不安を打ち消す理由を追記してみる

こうやって想像を張り巡らせてください。


「わざわざ検索してくる」ということは何かしらの問題を解決したいということです。

  • その読者の気持ち=検索意図を把握し、じぶんだったらどんな提案ができるのか?
  • どんな商品と結び付けたら売れるのか?

立ち止まって考えることが最重要です。インプレッションばかり増えて全然クリックされないっているのは何かしら施策が間違っていますよ?

こういうのって誰も公開していないから。何をしているかってABテストっす。当サイトは実験という意味も兼ねてます

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

表示回数÷クリック率⇒実際の成約率を修正するです!!

【保存版】アフィリエイト広告の貼り方とリンクのおすすめ位置を図解します

じゃないと適当に広告選んで売れたらラッキー!みたいなあいまいなマーケティングになるし、そんなんじゃコンサルなんてできません。

アフィリエイト広告の貼り方でよくある質問まとめ

バナーサイズはどれがオススメですか?

まずはA8でクリック率の高いものを探してみましょう。スマホも考えると300×250が良いと思います。

勝手にリンクテキストの文章やサイズを変えても大丈夫ですか?

非承認・提携拒否を食らうこともあります。「公式サイトはコチラ」ぐらいは許容範囲だと思いますが、初めから用意されている定型文を使いましょう。

物販広告とアドセンスの併用は大丈夫ですか?

はい。ただし誤クリックをさそうような文言はアドセンスのそばに置かないようにしましょう。ポイントサイトなどクリックで料金が発生するバナーとアドセンスの併用は不可です。

勝手にバナーを作ってそこにリンクを貼ってはダメ?

ダメです。それが許されているのは主に情報系ASPの商品です。

  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問は気軽にどうぞ!お互いメリットがあれば最高ですね!

コメントする

目次