アフィリエイトの外注費と良質な記事納品のコツをお話しします!

今回はアフィリエイト記事の外注費ですね。どうしても自分で記事を書くのが苦手という人は得意な人に書いてもらって、それを編集する立場でもブログというのはある程度のPVを稼げます。

 

重要なのは外注コストと売り上げをどうやって計算するか?

 

そして良質な記事を安く納品してもらうかだと思います。

 

実際に外注記事ってピンキリで、値段が高いからと言って確実に良いものが入るわけではないし、また専門記事を書いてもらったとしても実はYMYLなどGoogleが厳しいジャンルに関してはコンテンツの内容で判断されなかったりします。

 

そこでどんなものを私が外注さんに回しているのか?ちょっと紹介しながら備忘録的に解説してみようと思います。

 

アフィリエイト,外注費,相場,平均

 

・・・大体三か月ぐらい。

 

アフィリエイト,外注費,相場,平均

 

・・・半年やって後はほぼ放置

 

コツさえつかめばそんなに難しくないと思ってます。

 

アフィリエイトの外注費の違いと平均相場について

まず、記事の外注費ですが以下のような条件によって変わってきます。

 

 

  • 顔出しアリの専門メディア掲載・・1文字3円~5円
  • 顔出し無しの専門記事・・1文字1円~3円
  • 顔出し無しの一般体験談・・・1文字0.5円~1円

 

実際メンバーさんにマイナビの顔出しコラムの方がいて、直接聞いたので大体あっていると思います。

 

ただ、多くの方は1記事3万とか5万を出すことはできないと思うので、大体1円前後で考えていると思います。

 

どの業者に外注を依頼するかによって相場が違う

 

また同じ記事でもどの業者に依頼するか?で相場は結構違います。大きな違いは事前の品質チェックです。

 

  • コピペツールでの納品チェック
  • オリジナル性のあるタイトルや見出しチェック
  • SEOを考えたオリジナル記事
  • リライト前提の一般記事

 

全然違うんですよね・・・。リライト全体の一般記事なんて誰が発注するのか?なんて思うかもしれませんが・・・。バックリンクやドメインの強さを図るために、先に一般記事を中古ドメインやら無料ブログに投げる・・・なんていう裏技がありまして・・。

 

ツール記事よりもまともな日本語ってことでブラックSEOを使うアフィリエイターに好まれます。

 

他にもセールス力のある記事はSEOとは関係なくPPC(有料広告)で集客してしまうなんてケースもあります。

 

SEOまで考えたセールス力のある記事はかなり高額です。

 

コピペチェックがあると、最低限のクオリティーは保証されるのですが・・・大体文字単価は1文字1円~が多いです。つまり3000文字で3000円と割とお高いです。

最低相場でも良い記事を納品してもらうコツ

続いておそらく外注について一番聞きたいことだと思います。

 

 

如何に相場を下げて、高品質な記事を書いてもらうかってことですね?これって市場原理と矛盾しているようですがやり方によってはかなり良い記事がもらえます。

 

 

  1. 下調べがいらない仕事や子育てに関する体験談
  2. 短い文章で文章の組み立てがいらないアンケートの様な記事
  3. アフィリ案件が少ない趣味の雑記記事

 

こんなのをタスクで出すと非常にクオリティーが高いものが返ってきます。

 

身の回りにある写真と解説も非常に品質が高い

他にもお勧めの外注記事がありまして・・・それは写真付きの文章です。

 

どんなに良い専門記事であっても、なかなか文章というのは最後まで読んでもらえません。

 

でも、普段家の中にあってすぐに写真が撮れるものなんていうのはその場でスマホで撮影して送ってもらえます。

 

  • 家の中のインテリア
  • 風呂場においてある美容グッズ
  • 通勤や通学路の途中で取れる写真
  • 本棚に集めているDVDや書籍など

 

良い文章+フリー素材を使うくらいなら、多少雑で荒い文章でもリアルな生写真が数枚あったほうが良いと思いませんか?

 

写真はインスタ、Twitter、ピンタレストとも非常に相性が良く、使いまわすことだって可能です!

 

一度SNSに投稿してから埋め込むなど工夫をしてみましょう!

 

 

 

外注の依頼の仕方で費用が違う!募集時に入れておきたい要素とは?

後はちょっとした小手先のテクニックです。

 

外注さんを募集する時にいくつかのキーワードを入れておくと結構単価が違います。

 

  • 長期採用あり
  • 専属ライター募集
  • 3カ月後の単価の見直しアリ
  • Wordプレスの使い方を指導します
  • 記事の書き方をサポート
  • 専門ジャンルなので仕事の幅や知識が広がります
  • セールス力をつけて見たい人は最適です

 

こんな感じで応募することによるメリットを書くと良いですね!やっぱり人は社会的意義があるとおもうと頑張れるものです。

 

 

 

ライターさんに一緒のチームになってもらおう!

 

後はライターさんのメリットですね!仕事をやっていて面白い・勉強になる・成長できるなんて感じてもらえれば、単価を抑えても長く担当してくれます。

 

 

アフィリエイト,外注費,相場,平均

 

私の場合はランサーズやクラウドワークスのチャットの外、チーム用のチャットワークを用意し、その中で状況をお互いに報告するチーム編成をしています。支払いをきちんとクラウドソーシング経由で行えば金銭トラブルもないしおすすめのやり方です。

 

外注否定派は個人ブランドを意識するがメディアブランドなら問題なし!

後は最後に1点、どんな手法であり肯定派と否定派がいます。

 

  • トレンド・・・並みがあるのでやめとけ
  • サイトアフィリ・・・時間かかるのでやめとけ
  • PPC・・・コスト化かかるのでやめとけ
  • ユーチューバー・・・芸能人が参加するのでやめとけ
  • 外注・・・品質がわるいのでやめとけ

 

ただ、私は個人ブランドではなくてメディアブランドを考えるのであれば、外注かをどんどんすべきだと思います。自分よりも面白く専門的な記事をかける外注さんは沢山いますし、雑誌名は覚えていても、編集長の名前など知らないものって沢山ありませんか?

 

そういうメディアブランドを確立するのであれば全く問題ないですし、私は普通の商標記事を外注さんにお願いもしてますが、普通にSEO1位取れてます。

 

外注が好きか嫌いか?という問題と、できるかできないか?は別問題です。

 

あくまで戦略次第ってことで!時間がない人には本当におすすめの手法ですよ!

 

関連:アフィリエイトの仕組化とほったらかしで稼ぐの意味

その他外注記事の費用でよくある質問Q&A

記事のコピペチェックはどうしてる?

5000文字以内なら無料のチェックツールでOK!!

 

低品質記事が来たら返品できる?

あからさまなものは証拠をキャプチャして伝えると返金してくれることもあります。タスクに関してはグレーで、私はブロックリストを作ってます。プロジェクトの場合はやり直しをしてもらえますよ?

 

 

ライターから値上げ交渉がきたらどうする?

私は記事を見る前には交渉には乗りません。意外とゴールドライターなどでも酷い記事をかいてくるときもあります。それよりも専門性が合う一般主婦の方の方が良い記事きたりしまうので、ライターランクなどでは選びません。

 

月にいくらぐらい外注費使うべき?

初心者の方の場合は月に5000円~1万以内で十分です。週に2本納品されるだけでめちゃくちゃ自分の時間が作れます。後はやる気がない時でも記事が強制的にあがってくるので仕事として習慣化しますよ!

 

同じ募集用案件を違うクラウドサービスに投げて良い?

ライターさんは複数のクラウドソーシングに登録しているので、タスクの場合同じ記事が納品されることも考えられます。初心者にはまずはクラウドワークスのみをおすすめしています。プロジェクトの場合は良いと思いますよ!

 

依頼文の見本やひな形ってない?

アフィリエイトクラブには完全マニュアル化して見本ごと入れましたが、無料でも自分がライター登録をしておいて、自分が応募しタイと思った依頼文をアレンジしてはどうでしょうか?

 

全くの初心者だけど初めからコストをかけて外注しても良い?

Wordプレスの設定ができるところぐらいまでは自力で頑張りましょう!そして見本記事を数本入れておくと外注さんも真似して書きやすいですよ。本当に直接ワードプレスに記事を入れてもらうところまで行けば作業効率が圧倒的にあがります!

アフィリエイト,外注費,相場,平均



【1週間無料体験】アフィリエイトの基礎講座はコチラ

まずは無料テキストと勉強会で頑張ってください

アフィリエイト,外注費,相場,平均
アフィリエイトの基礎講座はコチラから
TOPへ