⇒7日間アフィリエイトブログ作成無料講座

ワードプレスとアメブロの連携方法と同時投稿のリスクを解説します!

今回はワードプレスとアメブロの連携についてです。集客に関してアメブロとワードプレスの質問に答えてくるとどちらを優先すべきか?使い分けやシステムはどうなっているのか?

そもそも連携して同時投稿したらグーグルからペナルティーを受けないのか?なんて気になるようなのでお答えします。アメブロとワードプレスはツールの種類とHTMLソースコードによって集客戦略が変わります。

安全策を取るか?リスクを取るか?また、何を売りたいかによって使い分けると良いと思います。

目次

ワードプレスとアメブロを同時投稿する4つの方法

まずワードプレスとアメブロを連携避ける3パターンとリスクについてお伝えします。

  1. ワードプレスとアメブロの記事を別々のものにして投稿・・リスク最小(ほぼ無し)
  2. ワードプレスがメインでアメブロは画像として投稿・・リスク小
  3. ワードプレスの記事を途中までアメブロに投稿して続きをワードプレスに誘導・・・リスク中
  4. ワードプレスにもアメブロにも全く同じ記事を投稿・・・リスク最大

上から順番にコピペや類似ジャンルのペナルティーリスクがあります。

④に関してのみ「同じ記事を別のドメインに投稿してはダメだ」という理由で大きなメリットはないです。

アメブロとワードプレスを連携させるメリットとデメリット

アメブロとワードプレスを連携させるメリットですね。

  • 読者登録や「#」「いいね」などの機能で集客できる
  • ドメインが強いので記事数文字数が少なくてもインデックスされる
  • インスタに同時投稿できるのでSNS集客が楽にできる

キーワード選定やライティングの基礎が定まらないままワードプレスで記事を書くと、1~2か月はほとんどインデックスされませんし、1位に表示できるキーワードはほぼ無し、サーチコンソールにもアクセスが全く出ないことが多いのですが、アメブロの場合は文字数が少なくてもアクセスが来ます。

それが最大のメリット。アメブロでまずはファンを増やしてワードプレスに読者を流す。

デメリットは2つのブログを使うことになるので時間がかかるってことです。またブログの収益化について、アメブロは制限がかかっているのですぐにはお金にならない。

これは例えワードプレス1本に絞っても同じこと。自分はアメブロに投稿するのは20記事までとアドバイスしてます。

ワードプレスとアメブロで違う記事にすれば問題なし

ワードプレスとアメブロの連携方法と同時投稿のリスクを解説します!

そもそもワードプレスに投稿する内容とアメブロの記事を違うものにすれば、別々のブログとしてグーグルに認識されます。これは問題がないのは分かりますよね?

多くのブロガーさんもアメブロやNOTEとワードプレスを使い分けて集客を分散しています。

  • アメブロ・・主婦・女性向けのネタを投稿
  • NOTE・・・個人の日記的なもの・体験談を投稿
  • ワードプレス・・・専門性の高い記事

ダイエット1つとっても主語が誰なのか?で記事内容も違ってきますし、類似ジャンルを複数持っておくと被リンク対策ができて楽です。

ただ、これは単純に2つのブログを作るってことで手間暇がかかります。ただ、これが最もSEO上効果があります。

本当は全く違う記事が良いのですが、リライトでもなんとかなります。

類似ジャンルのアメブロとワードプレスの併用はSEO効果が高い

ワードプレスとアメブロの同時投稿の仕組みについて

そこで考え出されたのがワードプレスとアメブロの記事を同じにしてしまう手法です。これはいくつかパターンがあり、メリットとデメリットが存在します。

ワードプレスの記事を画像に変えてアメブロに投稿

ワードプレスとアメブロの連携方法と同時投稿のリスクを解説します!

これはワードプレスの記事を画像化してアメブロに投稿する方法です。これができるツールはアメプレス。アメブロには単に画像が投稿されただけになりますので重複コンテンツとはみなされません。

ワードプレスとアメブロの連携方法と同時投稿のリスクを解説します!
これは文字ではなく画像

このように文字が画像キャプチャされてアメブロに投稿される仕組みです。コピペ判定は避けられるもののアメブロ内にそのままアフィリエイトリンクを入れるのはほぼ不可能です。

アメーバピックの審査は落ちますし、通ったものを後から変えても何かしらペナルティーが起きる可能性が高いです。

その場合はアメブロからメルマガに誘導っていうのが一番の方法ですね。つまりメルマガアフィリエイトをやらない人はあまり効果がないかと。

アメブロ読者をメルマガに呼び込むために使う

ワードプレスの記事の前半のみアメブロに同時投稿する

ワードプレスとアメブロの連携方法と同時投稿のリスクを解説します!

たまに見ると思いますが、ワードプレスの1段落目だけをアメブロに投稿して、アメブロからは読者登録や「いいね!」などで集客する方法です。

NOTEのフォローやTwitterのフォローと解除を繰り返すパターンにちょっと似ています。

ただ、ワードプレスの方が文字数が多いこと、少ない文字数ではGoogle検索にヒットしないために自分が実験したかぎりほとんどペナルティーは受けてないです。

アメブロの読者をワードプレスに送る場合に使う

ワードプレスの文章をコピペしてアメブロに同時投稿するのはNG

ワードプレスとアメブロの連携方法と同時投稿のリスクを解説します!

これはワードプレスのプラグインを使えばできるのですが、全く同じ文章をアメブロとワードプレスに同時投稿した場合さすがに重複判定されます・・・・って言いたいところですが・・。ドメインによってはコピペの記事の方が上位に入ってしまうのが不思議なところ。

また、集客をSEO以外から主に取るサイトは使い方によってはありかと思います。

アメブロはアダルトNGなのですが、アダルトサイトというのはSEOよりもアンテナサイトや相互リンクからアクセスが来ますので、WP→FC2への同時投稿なら使えるかと。

これができるのはアメーバキング2の方です。(原理的にできますが、自分はやってないので確証はないです)

全文記事の同時投稿は避けた方が無難

アメブロとワードプレスはどちからら始めるべきか?

こう考えてくるとどちらかはスタートすべきか、または同時にスタートすべきか迷いますよね?

アフィリエイトクラブのコンテンツは限りなく弱者の戦略に基づいたサイト設計をしていますのでアメブロからのスタートを推奨していますが、すでにワードプレスでブログを作っている方もいると思います。

それで全く結果が出ていないのであれば、一部をアメブロに引っ越ししてみるのがおすすめ。

自分のやりたいことが明確で、テーマもある程度決まっており、リサーチができ人はいきなりワードプレスで3カ月粘ってみてもいいかと思います。

この判断はやっぱ聞きながら相談しないと分からないというのが正直な感想です。

その他アメブロとワードプレスの連携に関する質問Q&A

ワードプレスとアメブロのドメインの名前は違っていても良い?同じにするメリットは?

ターゲットによりますが基本どちらでも構いません。多くの人はコンテンツの内容重視でドメイン名までを見ていません。ブログ論やSEO・アフィリエイト界隈をターゲットにしない限りは問題ないと思います。つまり情報系以外。

ワードプレスとアメブロのデザインや配色は揃えた方がいい?

よく飲食店やサロンの店舗で「店長blog」とか「スタッフブログ」を見かけると思いますが、同じようにアメブロはサブとして扱えば、デザインは変えても問題ないと思います。

同じテーマで投稿したらアメブロの方が高く順位がついてしまいました・・・

でしょ?(笑)その場合は「公式ページ」という感じでワードプレスに記事下からリンクを送る。敢えてアメブロの順位をさげるために文章の途中を削ってワードプレスに入れても良いです。この辺相談して!

連携を途中でやめてワードプレスに全部記事を引っ越すのはあり?

アメブロとワードプレスが別記事なら・・。自分なら被リンク効果もあるし残しておきますね・・。

シェアしていただけると励みになります!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

質問は気軽にどうぞ!お互いメリットがあれば最高ですね!

コメントする

目次